最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Simulink.Parameter オブジェクトの範囲の派生

次の例では、パラメーターのストレージ クラスが [自動] に設定されていない場合に、Simulink.Parameter オブジェクトの設計範囲情報が範囲解析でどのように考慮されるかを説明します。パラメーターのストレージ クラスが [自動] に設定されている場合は、解析にはパラメーターの値が使用されます。

  1. ex_derived_min_max_3 モデルを開きます。MATLAB® コマンド ラインで次のように入力します。

    addpath(fullfile(docroot,'toolbox','fixpoint','examples'))
    ex_derived_min_max_3

    このモデルに、Inport ブロックに指定された設計の最小値と最大値が表示されます。両方の Inport ブロックの設計範囲は [1..2] です。

    ヒント

    モデルに設計範囲を表示するには、モデルのメニューで [情報表示][信号と端子] を選択し、[設計範囲] を選択します。

  2. Gain ブロックのゲイン パラメーターを検査します。

    1. Gain ブロックをダブルクリックし、[メイン] タブに表示される [ゲイン] パラメーターの名前をメモします。

      Gain ブロックゲイン パラメーター
      Gain1paramObjOne
      Gain2paramObjTwo

    2. モデル メニューから、[ツール][モデル エクスプローラー] をクリックします。

    3. [モデル エクスプローラー] ウィンドウでベース ワークスペースを選択し、モデルで使用される各ゲイン パラメーターの情報を表示します。

      ゲイン パラメーター型情報
      paramObjOne

      Simulink.Parameter オブジェクト。値 2。ストレージ クラスは Auto に設定。

      paramObjTwo

      Simulink.Parameter オブジェクト。値 2。ストレージ クラスは Model default に設定。

  3. Simulink®[解析] メニューから [データ型の設計][固定小数点ツール] を選択します。

  4. 固定小数点ツールで、ツールストリップの [システムの準備] セクションにある [設計対象のシステム] で、変換するシステムとして ex_derived_min_max_3 を選択します。

  5. ツールストリップの [範囲の収集] セクションで [派生範囲] を選択します。

  6. [範囲の収集] ボタンをクリックします。

    解析が完了すると、固定小数点ツールによって、モデル内のブロックの派生した最小値と最大値がスプレッドシートに表示されます。

    ブロック派生範囲原因
    Gain1[2..4]

    Gain ブロック Gain1 で指定されたゲイン パラメーター paramObjOne は、ストレージ クラスが [自動] に指定された Simulink.Parameter オブジェクトです。範囲解析では Simulink.Parameter オブジェクトの Value プロパティの値 2 を使用し、ゲイン パラメーターに指定された設計範囲を無視します。

    Gain2[1..20]

    Gain ブロック Gain2 で指定されたゲイン パラメーター paramObjTwo は、ストレージ クラスが [Model default] に指定された Simulink.Parameter オブジェクトです。範囲解析は、このパラメーターに指定された設計範囲の [1..10] を考慮します。

関連するトピック