最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

別のデータ型の探索

組み込み型を使用してモデルのシミュレーションを実行し、システムの浮動小数点と固定小数点の動作を比較した後、新しい動作が満足なものであるかどうかを判断します。新たに適用された固定小数点データ型を使用したシステムの動作が許容できない場合、システムに有効な設定が見つかるまでプロセスを繰り返すことができます。

警告

推奨されたデータ型の適用後に範囲の収集を行うとワークフローがリセットされます。範囲の収集後には新しい既定のデータ型を簡単に推奨および適用できなくなります。

推奨設定の編集

ツールストリップの [データ型の変換] セクションで、[設定] メニューの下にある、設計対象のシステムのオブジェクトに対する推奨データ型を生成するために固定小数点ツールが使用する推奨設定を変更します。

推奨と適用

[データ型を推奨] ボタンをクリックして、新しい設定を使用した推奨データ型を生成します。スプレッドシートで新規推奨を調べた後、[データ型を適用] ボタンをクリックします。

反復

新たに適用されたデータ型を使用してモデルのシミュレーションを実行し、新しい設定の確認の説明に従って動作を比較します。このプロセス (推奨設定の編集、データ型の推奨、データ型の適用、システム動作の検証) 全体の反復を、システムの固定小数点の動作を許容できる設定が見つかるまで継続します。

関連するトピック