最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

変換するシステムの準備

固定小数点ツールを開くには、モデルで、[解析][データ型の設計][固定小数点ツール] を選択します。

設計対象のシステムの選択

固定小数点に変換するシステムまたはサブシステムを選択します。モデル内の個々のサブシステムは一度に 1 つだけ変換してください。こうすると、数値の問題の発生源を分離することにより、デバッグが可能になります。

ツールストリップの [システムの準備] セクションの下の [設計対象のシステム] で、変換するシステムまたはサブシステムをドロップダウン メニューを使用して選択します。

範囲の収集方法の設定

範囲は、シミュレーションを介して、または派生範囲解析を使用して収集できます。シミュレーション ベースの範囲の収集を使用して、固定小数点ツールでは固定小数点データ型を倍精度データ型によってグローバルにオーバーライドし、量子化の影響を回避します。この設定により、理想的な出力を表す浮動小数点ベンチマークが提供されます。

メモ

データ型オーバーライドは、Boolean または列挙データ型には適用されません。

派生範囲解析を使用して、固定小数点ツールはブロックに指定された設計範囲を使用し、モデルの他のオブジェクトの静的範囲の解析および派生を行います。[派生範囲] ボタンの矢印をクリックして、解析において、設計対象のシステムまたはモデル全体を使用して範囲を派生させるかどうかを選択します。

[設計対象のシステム] を選択した場合、ツールは設計対象のシステム内で指定された設計範囲のみを使用して範囲を収集します。[モデル] を選択した場合、ツールはモデルに対して指定されたすべての設計範囲情報を使用して、設計対象システムのオブジェクトに対する範囲を派生させます。

派生範囲解析を使用してモデル内のオブジェクトの範囲を収集することを選択した場合、モデルのシミュレーションを行う必要はありません。ただし、シミュレーション データ インスペクターを使用して浮動小数点と固定小数点の動作を比較するには、シミュレーションが必要です。

ツールストリップの [範囲の収集] セクションで、範囲の収集に使用する方法を選択します。固定小数点ツールはこれらの収集された範囲を後で推奨データ型の生成に使用します。

アプリケーションに適した範囲の収集方法を判断するための詳細については、範囲の収集手法の選択を参照してください。

変換するシステムの準備

[準備] ボタンをクリックします。固定小数点ツールは設計対象のシステム、およびその設計対象のシステムを含むモデルを、変換プロセスとの互換性についてチェックします。

可能な場合は、固定小数点ツールは互換性のない設定を自動的に変更します。ツールが設定を変更できない場合は、手動で行わなければならない変更を通知し、変換プロセスが問題なく行われるよう支援します。詳細は、変換するシステムを準備する際のベスト プラクティスを参照してください。

変換プロセスの次の手順については、範囲の収集を参照してください。

関連するトピック