Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

範囲の収集

変換するシステムの準備で説明するように、設計対象のシステムで変換の準備を行った後、モデル内のオブジェクトの範囲を収集します。

範囲の収集

範囲を収集するには、[範囲の収集] ボタンをクリックします。

シミュレーションを介した範囲の収集を選択した場合、固定小数点ツールはモデルのデータ型を double でオーバーライドし、計測機能でモデルのシミュレーションを実行してモデルの各オブジェクトの最小値および最大値を収集します。このツールではシミュレーションの結果がスプレッドシートに表示され、ラップに起因するオーバーフローや飽和など、問題のあるシミュレーション結果が強調表示されます。

メモ

データ型オーバーライドは、Boolean または列挙データ型には適用されません。

Simulink.SimulationInput オブジェクトを複数のシミュレーション シナリオで定義した場合、[ワークフロー ブラウザー] には各シミュレーションの結果と、マージされたすべてのシミュレーション シナリオの結果が表示されます。

範囲解析を介した範囲の収集を選択した場合、固定小数点ツールは指定された設計範囲を使用して設計対象のシステムの残りのオブジェクトの範囲を派生させます。

範囲解析によるシミュレーションを通じて範囲を収集するように選択した場合、固定小数点ツールはシミュレーションと派生を通じて収集された範囲の組み合わせを使用します。

固定小数点ツールの解析によりモデルの範囲データの派生に成功すると、選択したシステムのブロックに対して派生した最小値と最大値が表示されます。データ型を推奨する前に、結果を確認します。

解析に失敗した場合は、エラー メッセージを調べて問題を解決します。範囲解析における問題の解決を参照してください。

収集した範囲の確認

[シミュレーション データの可視化] ペインを使用すると、モデル内の各オブジェクトによって使用されているビットのヒストグラムの概要を確認できます。データ型可視化の各列は、モデル内の 1 つのオブジェクトのヒストグラムを表しています。ヒストグラムの各ビンはバイナリ ワード中のビットに対応しています。

列を選択すると固定小数点ツールのスプレッドシート内の対応するモデル オブジェクトが強調表示され、選択した結果に関する詳細情報が [結果の詳細] ペインに表示されます。

データ型の可視化を使用することで、モデル内にあるオブジェクトの範囲の概要を表示したり、オーバーフロー、アンダーフロー、非効率なデータ型のソースを見つけることができます。固定小数点ツールの [エクスプローラー] タブを使用すると、追加の基準に基づいてツールの結果を並べ替えたり、フィルター処理することができます。

変換プロセスの次の手順については、データ型の変換を参照してください。

関連するトピック