Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

範囲解析における問題の解決

問題

固定小数点ツールでは、モデルの仕様に応じて、範囲解析に関するさまざまな種類の問題が発生することがあります。

考えられる解決策

サポートされないブロックの置き換え

固定小数点の変換でサポートされていないブロックがモデルに含まれていると、範囲解析が失敗し、固定小数点ツールでエラーが生成されます。エラー メッセージの情報を確認して、サポートされないブロックを置き換えます。詳細については、範囲解析とモデルの互換性を参照してください。

設計範囲の競合の修正

競合する設計範囲情報がモデルに含まれていると、解析で範囲データを派生させることができず、固定小数点ツールでエラーが生成されます。モデルで指定された設計範囲を調べて矛盾する設計指定を特定し、整合するように修正します。詳細については、設計範囲の競合の修正を参照してください。

追加の設計範囲情報の指定

十分な設計範囲情報が指定されていないと、解析で範囲データを派生させることができず、固定小数点ツールで結果が強調表示されます。そのモデルを調べて、どの設計範囲情報が欠けているかを判断します。固定小数点ツールでモデルの範囲を派生させることができるように、追加の範囲情報を指定するかコードを再構成します。詳細については、不十分な設計範囲情報およびSystem object の範囲解析のトラブルシューティングを参照してください。

関連するトピック