最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

設計範囲の競合の修正

次の例に、設計範囲の競合を修正する方法を示します。モデル内で競合する設計の最小値と最大値を指定すると、範囲解析ソフトウェアからエラーが報告されます。このエラーを修正するには、モデルに指定された設計範囲を調べて、矛盾する設計指定を特定します。情報が整合するように修正します。次の例で、Outport ブロックに指定された出力設計範囲は Inport ブロックに指定された入力設計範囲と競合しています。

  1. ex_range_conflict モデルを開きます。MATLAB® コマンド ラインで次のように入力します。

    addpath(fullfile(docroot,'toolbox','fixpoint','examples'))
    ex_range_conflict

    このモデルに、モデル内のブロックに指定された設計の最小値と最大値が表示されます。

    • Inport ブロックの In1In2 の設計範囲は [-1..1] です。

    • Outport ブロックの Out1 の設計範囲は [10..20] です。

    ヒント

    ご使用のモデルに設計範囲を表示するには、モデルのメニューで [情報表示][信号と端子] を選択し、[設計範囲] を選択します。

  2. Simulink®[解析] メニューから [データ型の設計][固定小数点ツール] を選択します。

  3. 固定小数点ツールで、ツールストリップの [システムの準備] セクションにある [設計対象のシステム] で、変換するシステムとして ex_range_conflict を選択します。

  4. ツールストリップの [範囲の収集] セクションで [派生範囲] を選択します。

  5. [範囲の収集] ボタンをクリックします。

    範囲解析が失敗するため、固定小数点ツールはエラーを生成します。ツールが報告されるのは、Sum ブロックの派生範囲である [-2..2]Outport ブロックに指定された設計範囲の [10..20] の外にあるためです。

  6. [エラー] ダイアログ ボックスを閉じます。

  7. 競合を修正するには、Outport ブロックの設計範囲を [-10..20] に変更し、この範囲に Sum ブロックの派生範囲が含まれるようにします。

    1. モデルで Outport ブロックをダブルクリックします。

    2. [ブロック プロパティ] ダイアログ ボックスで [信号属性] タブを選択します。

    3. このタブで [最小値]-10 に設定し、[OK] をクリックします。

  8. [範囲の収集] ボタンをクリックし、範囲解析を再実行します。

    範囲解析により Outport ブロックの最小値 -2 と最大値 2 を派性させます。

関連するトピック