最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

新しい設定の確認

データ型の変換で説明されているように推奨されたデータ型をモデルに適用した後、適用した固定小数点データ型を使用してモデルのシミュレーションを実行し、システムの固定小数点の動作を浮動小数点の動作と比較します。

組み込み型を使用したシミュレーション

ツールストリップの [検証] セクションで、[組み込み型によるシミュレーション] ボタンをクリックします。固定小数点ツールは新しい固定小数点データ型を使用してモデルのシミュレーションを実行します。設計対象システムのすべてのオブジェクトについて、最小値と最大値、データのオーバーフローを記録します。ツールは Embedded という新しい実行名で実行情報を格納します。

可視化の確認

組み込み型を使用したシミュレーションの後、[シミュレーション データの可視化] ペインに新しい実行データが表示されます。新たに適用された固定小数点データ型を使用したモデル内のオブジェクトのダイナミック レンジを、ヒストグラムの可視化で確認します。

固定小数点ツールの [エクスプローラー] タブを使用して、異なる基準に応じて結果を並べ替えたり、フィルター処理したりすることもできます。

結果の比較

[ブラウザーの実行] に組み込み型実行が、範囲収集実行と比較して、指定された信号の許容誤差を満たすかどうかが示されます。

[ブラウザーの実行] には次のいずれかが表示されます。

ステータス説明

– パス

特定の許容誤差をもつすべての信号が、組み込み型実行で指定された許容誤差の範囲内にある。

– 警告

以下のいずれかの条件が発生した。
  • ログ記録された信号がない、またはモデルで許容誤差が設定されていない

  • 範囲収集実行と検証実行の両方に信号が存在しないため比較できない

  • 範囲収集実行が使用できなくなった

  • データ型の推奨に使用される範囲収集実行が 2 つのマージされたシミュレーションである

– 失敗

指定された許容誤差をもつ 1 つ以上の信号が組み込み型実行で指定された許容誤差内にない。

ワークフローの範囲の収集の手順の間に収集された、範囲収集実行で格納された理想の結果を、組み込み型実行での固定小数点の結果と比較するには、[ブラウザーの実行] の組み込み型実行の隣にある アイコンをクリックします。シミュレーション データ インスペクターにはログ記録された信号の比較プロットが表示されます。

メモ

この手順では、変換の範囲の収集の段階で浮動小数点のシミュレーションを実行している必要があります。範囲解析を使用して設計対象のシステムに対する理想範囲を収集し、浮動小数点のシミュレーションを実行していない場合は、この手順で比較する実行がありません。

変換されたシステムの動作が要件を満たさない場合は、新しい推奨設定の適用後に新しいデータ型を推奨できます。詳細については、別のデータ型の探索を参照してください。

関連するトピック