Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

fxptdlg

固定小数点ツールを開く

説明

fxptdlg(system_name) は、system_name で指定された Simulink® モデルまたはサブシステムの固定小数点ツールを開きます。

以下の方法で、このツールにアクセスすることもできます。

  • [アプリ] タブで、[コード生成][固定小数点ツール] をクリックします。

  • サブシステムのコンテキスト (右クリック) メニューから [固定小数点ツール] を選択します。

すべて折りたたむ

Simulink モデルを開きます。

open_system('fxpdemo_feedback')

Controller サブシステムを設計対象のシステムとして選択して固定小数点ツールを開きます。

fxptdlg('fxpdemo_feedback/Controller')

固定小数点ツールの機能の大部分は、Fixed-Point Designer™ と共に使用するためのものです。ただし、Fixed-Point Designer ソフトウェアがない場合でも、固定小数点データ型を指定するモデルのシミュレーションにデータ型オーバーライドを構成できます。このモードでは、Simulink は、モデルのシミュレーションをする場合に、固定小数点データ型を浮動小数点データ型で一時的にオーバーライドします。

モデルまたはワークスペースで fi オブジェクトまたは組み込み数値データ型を使用する場合は、モデルに固定小数点データ型を導入できることに注意してください。fipref を設定すると、Fixed-Point Designer ライセンスのチェックアウトを回避することができます。

Fixed-Point Designer を使用しないでモデルをシミュレートするには、次の手順に従います。

コマンド ラインで次のように入力します。

set_param(gcs, 'DataTypeOverride', 'Double',...
 'DataTypeOverrideAppliesTo','AllNumericTypes',...
 'MinMaxOverflowLogging','ForceOff')

モデルで fi オブジェクトまたは組み込み数値データ型を使用する場合、fiprefDataTypeOverride プロパティを TrueDoubles または TrueSingles (モデル全体のデータ型オーバーライド設定と同じもの) に、DataTypeOverrideAppliesTo プロパティを All numeric types に設定します。

たとえば、MATLAB® コマンド ラインで次のように入力します。

 p = fipref('DataTypeOverride', 'TrueDoubles', ...
		'DataTypeOverrideAppliesTo', 'AllNumericTypes');

入力引数

すべて折りたたむ

固定小数点ツールで解析または変換するモデルまたはサブシステム。

データ型: string

バージョン履歴

R2006a より前に導入