最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Fixed-Point Tool

浮動小数点モデルを固定小数点に変換

説明

固定小数点ツールは、Fixed-Point Designer™ ソフトウェアと共に使用すると、以下へのアクセスが容易になります。

  • モデル内の適切に構成されたオブジェクトに固定小数点データ型を指定する対話形式の自動データ型指定機能、および指定したデータ型のユーザーによる選択的受け入れおよび適用

  • 信号のログ、固定小数点の計測機能モードおよびデータ型オーバーライドを制御するモデルやサブシステムのパラメーター

  • MATLAB® ワークスペースに存在するデータをプロットできる機能

固定小数点ツールの機能の大部分は、Fixed-Point Designer と共に使用するためのものです。ただし、Fixed-Point Designer ソフトウェアがない場合でも、固定小数点データ型を指定するモデルのシミュレーションにデータ型オーバーライドを構成できます。このモードでは、Simulink® は、モデルのシミュレーションをする場合に、固定小数点データ型を浮動小数点データ型で一時的にオーバーライドします。

Fixed-Point Tool を開く

  • Simulink の [解析] メニューから [データ型の設計][固定小数点ツール] を選択します。

  • サブシステムのコンテキスト (右クリック) メニューから [固定小数点ツール] を選択します。

  • MATLAB コマンド プロンプトから、「fxptdlg(system_name)」と入力します。ここで、system_name は、変換するモデルまたはシステムの名前であり、文字列として指定します。

R2006a より前に導入