ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

固定小数点の計測機能およびデータ型オーバーライド

浮動小数点から固定小数点へのモデルの変換には、固定小数点の計測機能とデータ型オーバーライドの設定が必要です。ただし、変換後にこれらの設定を残したままにすると、予期しない結果が生じる可能性があります。

[範囲の収集] ボタンをクリックすると、固定小数点ツールで固定小数点の計測機能が自動で有効になり、モデルのデータ型が double でオーバーライドされます。シミュレーションまたは派生の完了時に、固定小数点の計測機能が自動で無効になり、データ型オーバーライドが削除されます。[組み込み型によるシミュレーション] をクリックすると、シミュレーションの間、計測機能が有効になります。モデルのデータ型オーバーライドの設定には影響しません。

計測機能設定の制御

固定小数点の計測機能モードは、どのオブジェクトがシミュレーション中に最小、最大、オーバーフロー データのログを作成するかを制御します。計測機能は、固定小数点ツールを使用してシミュレーション範囲を収集するために必要です。これらの範囲はモデルのデータ型の推奨に使用されます。モデルを固定小数点に頻繁に変換していない場合は、固定小数点の計測機能を無効にしてモデルへのシミュレーション速度を最大に戻します。

固定小数点ツール外で計測機能を有効にするには、コマンド ラインで MinMaxOverflowLogging パラメーターを MinMaxAndOverflow または OverflowOnly に設定します。

set_param('MyModel', 'MinMaxOverflowLogging', 'MinMaxAndOverflow')

計測機能には Fixed-Point Designer™ のライセンスが必要です。モデルで計測機能を無効にするには、パラメーターを ForceOff または UseLocalSettings にします。

set_param('MyModel', 'MinMaxOverflowLogging', 'UseLocalSettings')

データ型オーバーライドの制御

データ型オーバーライドを使用して、double、single またはスケーリングされた double データ型を使用したモデルをシミュレートします。Fixed-Point Designer ソフトウェアがない場合でも、データ型オーバーライドを構成し、固定小数点データ型を指定するモデルのシミュレーションが行えます。この設定を使用して、シミュレーション中はデータ型が浮動小数点データ型で一時的にオーバーライドされます。

set_param('MyModel', 'DataTypeOverride', 'Double')

モデルの真の動作を観察するには、データ型オーバーライド パラメーターを UseLocalSettings または Off に設定します。

set_param('MyModel', 'DataTypeOverride', 'Off')

関連するトピック