Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink での計測と可視化

Simulink® でシミュレーション データと統計を収集し、可視化を使用して設計を調査する

固定小数点ツールで可視化を使用して、設計をさらに詳しく調査および解析します。また、データ型オーバーライドの設定を使用して、Fixed-Point Designer™ ソフトウェアを使用せずに固定小数点ブロックが含まれるモデルを共有および編集することもできます。

トピック

固定小数点モデルの共有

Fixed-Point Designer ソフトウェアを使用せずに固定小数点ブロックを含むモデルを共有し編集するためのデータ型オーバーライド設定。

固定小数点の計測機能およびデータ型オーバーライド

モデルの範囲情報を収集するための、固定小数点の計測機能およびデータ型オーバーライドの設定。

範囲収集のためのカスタム データ型オーバーライド設定の使用

固定小数点ツールでの範囲収集のためのカスタム データ型オーバーライド設定を指定する。

範囲の収集手法の選択

データ型推奨のベースとなる 3 つの範囲収集手法から選択します。

固定小数点ツールでのビューの制御

固定小数点ツールでの情報のフィルター処理、並べ替え、および解析。

固定小数点ツールを使用した数値的な動作の確認

固定小数点ツールを使用して浮動小数点データ型と固定小数点データ型を比較する方法を示す例。

シミュレーション結果の表示

シミュレーション データ インスペクターを使用してシミュレーション結果を表示し、実行を比較して固定小数点設計を検証します。

固定小数点ツールによる整数データ型オーバーライドの回避

データ型オーバーライドの使用時にモデル内の整数データ型を維持する。