Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

シミュレーション結果の表示

固定小数点ツールではシミュレーション データ インスペクター ツールのプロット機能を使用して、グラフィカルな解析用にログ信号をプロットできます。シミュレーション データ インスペクターを使用して、浮動小数点モデルを固定小数点モデルに変換した後にデータの検証と比較を行うと、数値誤差の伝播の追跡が簡単になります。

シミュレーション データ インスペクターは以下の場合に使用します。

  • 複数の信号を 1 つ以上の座標軸にプロットする

  • 異なる実行の信号を比較する

  • 異なる実行からのすべての記録された信号データを比較する

  • 信号ログの結果を MAT ファイルにエクスポートする

  • 信号の比較用に許容誤差を指定する

  • シミュレーション データ インスペクターで現在のビューとデータに関するレポートを作成する

実行の比較

実行を比較するには、固定小数点ツールで組み込み型実行を右クリックして [SDI を開く] を選択します。

上の座標軸には、選択した実行の信号と指定した場合は許容誤差がシミュレーション データ インスペクターによってプロットされます。下のグラフには、実行の差分がプロットされます。

信号のヒストグラム プロット

信号のヒストグラム プロットを表示するには、[結果] スプレッドシートで信号を選択します。[結果の詳細] ペインに、信号のダイナミック レンジの可視化に役立つヒストグラム プロットが表示されます。これによって以下の情報が提供されます。

  • サンプル総数 (N)。

  • オーバーフローを防止するための最大ビット数。

  • 各ビットがデータを表現した回数 (サンプル総数に対するパーセント)。

  • 正確にゼロになった回数 (量子化の影響なしで)。丸めの結果ゼロになったものは回数には含まれません。

この情報を使って、信号を表現するのに必要なワード サイズを推奨できます。

関連するトピック