Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

固定小数点モデルの共有

Fixed-Point Designer™ ソフトウェアがなくても固定小数点ブロックを含むモデルを編集できます。ただし、以下を行うためには Fixed-Point Designer ソフトウェアのライセンスを所有していなければなりません。

  • 固定小数点データ型を含む Simulink® ブロック線図を更新する (Ctrl+D)

  • 固定小数点データ型を含むモデルのシミュレーションを実行する

  • 固定小数点データ型を含むモデルからコードを生成する

  • シミュレーションによって生成される最小および最大値のログを作成する

  • モデルの出力を自動的にスケーリングする

Fixed-Point Designer 製品がシステムにインストールされていない場合は、次のようにして固定小数点設定の Simulink ブロックを含むモデルを取り扱うことができます。

  1. 計測には Fixed-Point Designer のライセンスが必要です。モデルで固定小数点の計測を無効にするには、MinMaxOverflowLogging パラメーターを ForceOff に設定します。コマンド ラインに次のように入力します。

    set_param(gcs,'MinMaxOverflowLogging','ForceOff')

  2. Fixed-Point Designer ソフトウェアがない場合でも、データ型オーバーライドを構成し、固定小数点データ型を指定するモデルのシミュレーションが行えます。この設定を使用して、シミュレーション中はデータ型が浮動小数点データ型で一時的にオーバーライドされます。Fixed-Point Designer を使用せずにモデルをシミュレートするには、コマンド ラインで次のように入力します。

    set_param(gcs, 'DataTypeOverride', 'Double', ...
    'DataTypeOverrideAppliesTo', 'AllNumericTypes')

  3. モデルまたはワークスペースで fi オブジェクトまたは組み込み数値データ型を使用する場合は、モデルに固定小数点データ型を導入できます。Fixed-Point Designer ライセンスのチェックアウトを回避するには、fiprefDataTypeOverride プロパティを TrueDoublesDataTypeOverrideAppliesTo プロパティを AllNumericTypes に設定します。

    MATLAB® コマンド ラインで以下のように入力します。

     p = fipref('DataTypeOverride', 'TrueDoubles', ...
    		'DataTypeOverrideAppliesTo', 'AllNumericTypes');

参考

|