Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB での計測と可視化

MATLAB® でシミュレーション データと統計を収集し、可視化を使用して設計を調査する

アルゴリズムで固定小数点変数のスケーリングを選択するのが難しい場合があります。Fixed-Point Designer™ ソフトウェアでは、データ型オーバーライドと、モデル全体の自動計測による最小/最大のログ作成の組み合わせとを使用して、固定小数点のデータ型が対応しなければならない数値範囲を容易に確認できます。この範囲によって固定小数点のデータ型に対する適切なスケーリングが決まります。

関数

buildInstrumentedMexログ作成可能な計測機能を含んだコンパイル済み C コード関数の生成
showInstrumentationResultsインストルメント化されたコンパイル済み C コード関数によるログ作成結果
clearInstrumentationResultsインストルメント化されたコンパイル済み C コード関数によるログ作成結果の消去
NumericTypeScope固定小数点データ型を判別

トピック

fipref を使用したデータ型オーバーライドの基本設定

fipref オブジェクトを使用したデータ型オーバーライド。

手動による固定小数点の変換ワークフロー

浮動小数点から固定小数点への手動変換ワークフローについて学びます。

手動による固定小数点の変換のベスト プラクティス

手動の固定小数点変換を使用して、汎用の MATLAB コードから効率的な固定小数点実装を行います。

MATLAB の浮動小数点アルゴリズムの固定小数点への手動変換

MATLAB の浮動小数点アルゴリズムの固定小数点への手動変換。

注目の例