ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

設計範囲を使用した範囲の派生

次の例は、範囲解析により Outport ブロックの派生範囲を絞り込む方法を示します。この範囲は、2 つの Inport ブロックに指定された設計範囲を使用した Add ブロックに派生された範囲と、Add ブロックに指定された設計範囲に基づいています。

  1. ex_derived_min_max_1 モデルを開きます。MATLAB® コマンド ラインで次のように入力します。

    addpath(fullfile(docroot,'toolbox','fixpoint','examples'))
    ex_derived_min_max_1

    このモデルに、ブロックごとに指定された設計の最小値と最大値が表示されます。

    • In1 の設計範囲は [-50..100] です。

    • In2 の設計範囲は [-50..35] です。

    • Add ブロックの設計範囲は [-125..55] です。

    ヒント

    モデルに設計範囲を表示するには、モデルのメニューで [情報表示][信号と端子] を選択し、[設計範囲] を選択します。

  2. Simulink®[解析] メニューから [データ型の設計][固定小数点ツール] を選択します。

  3. 固定小数点ツールで、ツールストリップの [システムの準備] セクションにある [設計対象のシステム] で、変換するシステムとして ex_derived_min_max_1 を選択します。

  4. ツールストリップの [範囲の収集] セクションで [派生範囲] を選択します。

  5. [範囲の収集] ボタンをクリックします。

    Add ブロック入力で派生範囲を計算するには、Inport ブロックに指定された設計最小値と最大値の [-50..100][-50..35] を使用します。Add ブロック入力の派生範囲は [-85..150] です。

    解析が完了すると、固定小数点ツールは、選択されたシステム内のブロックの派生および設計対象の範囲の最小値と最大値をスプレッドシートに表示します。

    • Add ブロック出力信号の派生範囲は、[-85..55] に絞り込まれます。この派生範囲は、ブロック入力からの派生範囲の [-85..150] と、ブロック出力に指定された設計の最小値/最大値 [-125..55] が交差部分です。

    • Outport ブロックの Out1 に対する派生範囲は、Add ブロック出力と同じ [-85..55] です。

関連するトピック