最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブロック初期条件を使用しての範囲の派生

次の例は、範囲解析でブロックの初期条件を考慮する方法を示します。

  1. ex_derived_min_max_2 モデルを開きます。MATLAB® コマンド ラインで次のように入力します。

    addpath(fullfile(docroot,'toolbox','fixpoint','examples'))
    ex_derived_min_max_2

    このモデルは、情報のオーバーレイを使用して、Inport ブロックに指定された設計の最小値と最大値を表示し、ブロック注釈を使用して Unit Delay ブロックの初期条件を表示します。

    • In1 の設計範囲は [5..10] です。

    • Unit Delay ブロックの初期条件は 0 です。

    ヒント

    モデルに設計範囲を表示するには、[デバッグ] タブで [情報のオーバーレイ]、[信号のデータ範囲] を選択します。

  2. Simulink® [アプリ] タブから [固定小数点ツール] を選択します。

  3. 固定小数点ツールの [設計対象のシステム (SUD)] で、変換するシステムとして ex_derived_min_max_2 を選択します。

  4. [範囲の収集モード][派生範囲] を選択します。

  5. [範囲の収集] ボタンをクリックします。

    固定小数点ツールによって、モデル内のブロックについて、派生した最小値と最大値がスプレッドシートに表示されます。

    Outport ブロックの派生した最小値と最大値の範囲 Out1[0..10] です。範囲解析では、Unit Delay ブロックの初期値 0 とブロックの設計範囲 [5..10] を組み合わせてこの範囲を派生させます。

  6. Unit Delay ブロックの初期条件を 7 に変更します。

    1. モデルで Unit Delay ブロックをダブルクリックします。

    2. [ブロック パラメーター] ダイアログ ボックスで [初期条件]7 に設定し、[OK] をクリックします。

    3. 固定小数点ツールで、[範囲の収集] ボタンをクリックします。

      Unit Delay ブロックの初期条件の 7 と設計範囲の [5..10] を組み合わせて範囲解析に使用するため、Outport ブロックの派生範囲は [5..10] になります。

関連するトピック