Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

DataTypeWorkflow.Result

実行結果情報を含むオブジェクト

説明

DataTypeWorkflow.Result オブジェクトでは、シミュレーション、派生、およびデータ型推奨の結果を管理します。

作成

関数 resultsDataTypeWorkflow.Result オブジェクトのハンドルを返します。

プロパティ

すべて展開する

信号に関連付けられているコメント。文字ベクトルの cell 配列として指定されます。

例: results.Comments

データ型: cell

シミュレーション中に使用されたデータ型。文字ベクトルとして指定されます。

例: results.CompiledDataType

データ型: char

指定された設計の最大値に基づく信号または内部データの派生した最大値。スカラーとして指定されます。

信号の数値許容誤差を指定および管理するには、DataTypeWorkflow.ProposalSettings オブジェクトと関連するオブジェクト関数を使用します。

例: results.DerivedMax

データ型: double

指定された設計の最小値に基づく信号または内部データの派生した最小値。スカラーとして指定されます。

信号の数値許容誤差を指定および管理するには、DataTypeWorkflow.ProposalSettings オブジェクトと関連するオブジェクト関数を使用します。

例: results.DerivedMin

データ型: double

信号または内部データの設計の最大値。スカラーとして指定されます。

例: results.DesignMax

データ型: double

信号または内部データの設計の最小値。スカラーとして指定されます。

例: results.DesignMin

データ型: double

この結果に関連付けられている信号または内部データの型に対して推奨されるデータ型。文字ベクトルとして指定されます。

例: results.ProposedDataType

データ型: char

この結果に関連付けられている信号または内部データの名前。文字ベクトルとして指定されます。

例: results.ResultName

データ型: char

結果に関連付けられている実行の名前。文字ベクトルとして指定されます。

例: results.RunName

データ型: char

生じた飽和数。スカラーとして指定されます。

この結果に関連付けられている信号または内部データが、指定されたデータ型の最大または最小で飽和した発生数。このプロパティの値は、この結果のすべての実行の累積です。

例: results.Saturations

データ型: double

シミュレーションの最大値。スカラーとして指定されます。このプロパティは、この結果が関連付けられている実行の保存されたすべての実行中に信号または内部データで得られた最大値を表します。

例: results.SimMax

データ型: double

シミュレーションの最小値。スカラーとして指定されます。このプロパティは、この結果が関連付けられている実行の保存されたすべての実行中に信号または内部データで得られた最小値を表します。

例: results.SimMin

データ型: double

指定された信号のデータ型。文字ベクトルとして指定されます。このプロパティは、システムの次回実行時に有効になります。

例: results.SpecifiedDataType

データ型: char

生じたラップ数。スカラーとして指定されます。

この結果に関連付けられている信号または内部データが、指定されたデータ型の最大値または最小値で繰り返された発生数。このプロパティの値は、この結果のすべての実行の累積です。

例: results.Wraps

データ型: double

R2014b で導入