Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

explore

クラス: OptimizationResult

最適化プロセスで見つかった固定小数点実装の確認

説明

explore(result) は、result で指定された OptimizationResult オブジェクトの最適化プロセスで見つかった最適解のデータ型を適用します。システムでログ信号の許容誤差を定義している場合、数値動作をさらに詳しく調査できるように、explore はログ データが表示されたシミュレーション データ インスペクターを開きます。既定では、最適解と最初のシミュレーション シナリオがモデルに適用され、調べられます。

explore(result,Name,Value) は、名前と値のペアで指定された追加オプションを使用して result を調べます。

solution = explore(result,Name,Value) は、名前と値のペアで指定された追加オプションを使用して result を調べ、OptimizationSolution オブジェクト solution を返します。

入力引数

すべて展開する

調べる OptimizationResult オブジェクト。

最適化で実行可能解が見つかった場合、result オブジェクトに格納される OptimizationSolution オブジェクトのベクトルは、最もコストが低い (最適な) 解をベクトルの最初の要素としてコストを基準に並べ替えられます。最適化で実行可能解が見つからなかった場合は、違反が少ないものから順にベクトルが並べ替えられます。

名前と値の引数

引数のオプションのペアを Name1=Value1,...,NameN=ValueN として指定します。Name は引数名、Value は対応する値です。名前と値の引数は他の引数の後に表示されなければなりませんが、ペアの順序は重要ではありません。

R2021a より前は、名前と値をそれぞれコンマを使って区切り、Name を引用符で囲みます。

例: solution = explore(result,'SolutionIndex',1,'ScenarioIndex',5,'KeepOriginalModelParameters',false);

モデルに適用する、result に格納された n 番目の最適解。正の整数として指定します。既定では、最適解が適用されます。

最適化で実行可能な結果が見つかった場合、最適解は、すべての動作の制約を満たす最小コストの解として定義されます。最適化で実行不可能な解しか見つからなかった場合、最適解は、違反が最も少ない解として定義されます。

例: solution = explore(result,'SolutionIndex',2); は、2 番目に最適な解を返します。

result に格納された n 番目のシミュレーション シナリオ。最適化にシミュレーション シナリオが使用されなかった場合、この値は 1 に設定されます。

例: solution = explore(result,'SolutionIndex',2,'ScenarioIndex',5); は、インデックス 5 のシミュレーション シナリオを使用して、2 番目に最適な解を返します。

最適化プロセスで変更されるモデル パラメーターの元の値を維持するかどうか。数値または logical 1 (true) または 0 (false) として指定します。

値が true の場合、元のモデル パラメーターが維持されますが、fxpopt によって返される結果との不整合が生じる可能性があります。詳細については、データ型最適化によるモデル コンフィギュレーションの変更を参照してください。

例: solution = explore(result,'KeepOriginalModelParameters',true) は、モデル パラメーターの元の値を維持します。

出力引数

すべて展開する

システムの固定小数点実装に関する情報を含む OptimizationSolution オブジェクト。実装の合計コストやベースラインと解の間の最大差などの情報が含まれます。

バージョン履歴

R2018a で導入