最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

explore

クラス: OptimizationResult

最適化プロセスで見つかった固定小数点実装の確認

構文

explore(result)
solution = explore(result)
solution = explore(result, n)
solution = explore(result, n, i)

説明

explore(result) は、result で指定された OptimizationResult オブジェクトのログ データが表示されたシミュレーション データ インスペクターを開きます。

solution = explore(result) は、シミュレーション データ インスペクターを開き、OptimizationSolution オブジェクト solution を返します。

solution = explore(result, n) は、result に格納された n 番目の OptimizationSolution オブジェクトを返します。

solution = explore(result, n, i) は、result に格納された i 番目のシミュレーション シナリオを使用して、n 番目の OptimizationSolution オブジェクトを返します。

入力引数

すべて展開する

調べる OptimizationResult オブジェクト。

最適化で実行可能解が見つかった場合、result オブジェクトに格納される OptimizationSolution オブジェクトのベクトルは、最もコストが低い (最適な) 解をベクトルの最初の要素としてコストを基準に並べ替えられます。最適化で実行可能解が見つからなかった場合は、元の設計との最大差を基準にベクトルが並べ替えられます。

調べる解のインデックス。スカラー整数として指定します。たとえば、最適化で解が見つかった場合、solution = explore(result, 3) はコストが 3 番目に低い解を返します。

データ型: double

調べるシミュレーション シナリオのインデックス。スカラー整数として指定します。たとえば、最適化で解が見つかった場合、solution = explore(result, 3, 2) は、インデックス 2 のシミュレーション シナリオを使用して、コストが 3 番目に低い解を返します。

データ型: double

出力引数

すべて展開する

システムの固定小数点実装に関する情報を含む OptimizationSolution オブジェクト。実装の合計コストやベースラインと解の間の最大差などの情報が含まれます。

R2018a で導入