ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

fxpOptimizationOptions クラス

データ型最適化のオプションの指定

説明

fxpOptimizationOptions オブジェクトでは、データ型最適化プロセスで使用するオプションと制約を指定できます。

作成

opt = fxpOptimizationOptions() は、fxpOptimizationOptions オブジェクトを既定の値で作成します。

opt = fxpOptimizationOptions(Name,Value) は、1 つ以上の Name,Value のペアの引数で指定されたプロパティ値を使用して fxpOptimizationOptions オブジェクトを作成します。Name は一重引用符 ('') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前/値の引数ペアを任意の順番で指定できます。

プロパティ

すべて展開する

実行する最大反復回数。スカラー整数として指定します。理想的な解が見つかるか、最大反復回数に達するか、別の停止条件に達するまで、最適化プロセスで異なる解が反復して求められます。

例: opt.MaxIterations = 75;

データ型: double

最適化を実行する最大時間。秒単位のスカラー数値として指定します。指定した時間、理想的な解、または別の停止条件に達するまで最適化が実行されます。

例: opt.MaxTime = 1000;

データ型: double

新しい最適解が見つからない状況での最大反復回数。スカラー整数として指定します。アルゴリズムで新しい最適解を求め続けている限り最適化が続行されます。

例: opt.Patience = 15;

データ型: double

最適化プロセスの実行中にコマンド ラインに表示する情報のレベル。'High''Moderate''Silent' のいずれかとして指定します。

  • 'Silent' - 最適化プロセスが完了するまでコマンド ラインに情報が表示されません。

  • 'Moderate' - 最適化プロセスのメジャー ステップごとに、前処理、モデル化、最適化のいずれのフェーズであるかなどの情報が表示されます。

  • 'High' - 最適化プロセスの反復ごとに、新しい最適解が見つかったかどうかや解のコストなどの情報がコマンド ラインに表示されます。

例: opt.Verbosity = 'High';

データ型: char | string

設計対象の最適化されたシステムで使用できる語長を指定します。このプロパティは、最適化プロセスの近傍探索をターゲットにする場合に使用します。最適化の最終結果で、AllowableWordLengths の交差部分の語長とモデルの [ハードウェア実行] ペインで指定されたハードウェアの制約と互換性がある語長が使用されます。

例: opt.AllowableWordLenghts = [8:11,16,32];

データ型: double

最適化の反復を並列に実行するかどうか。論理値として指定します。反復を並列に実行するには、Parallel Computing Toolbox™ ライセンスが必要です。Parallel Computing Toolbox ライセンスがない場合、または false を指定すると、反復は逐次実行されます。

データ型: logical

追加の最適化オプション。AdvancedOptions は最適化に影響する 4 つの追加プロパティを含む struct です。

プロパティ説明
PerformNeighborhoodSearch
  • 1 (既定) – 最適化された解の近傍探索を実行します。

  • 0 – 近傍探索を実行しません。このオプションを選択すると、最適化プロセスの速度は向上しますが、理想を下回る解を得る可能性も増加します。

EnforceLooseCoupling

一部のブロックのパラメーターでは、入力のデータ型を共有するように強制されたり、出力を入力と同じデータ型にするように強制される場合があります。

  • 1 (既定) – 設計対象のシステムに含まれるすべてのブロックについて、オプティマイザーではこの制限を緩和することが許可されます。この制限を緩和すると、より適したデータ型をオプティマイザーで指定できるようになります。

  • 0 – 設計対象のシステムに含まれるブロックについて、オプティマイザーではこの制限を緩和することが許可されません。

UseDerivedRangeAnalysis
  • 0 (既定) – オプティマイザーは、解の評価の際に、モデルの設計範囲から派生した範囲を考慮しません。

  • 1 – オプティマイザーは、解の評価の際に、観察したシミュレーション範囲とモデルの設計範囲から派生した範囲の両方を考慮します。

モデル コンフィギュレーションによっては、派生された範囲の解析はモデルのシミュレーションよりも長い時間がかかることがあります。

SimulationScenariosSimulink.SimulationInput オブジェクトを使用して、最適化中に考慮する追加のシミュレーション シナリオを定義します。例については、以下を参照してください。

メソッド

addTolerance最適化されたシステムの数値許容誤差の指定
showTolerancesシステムに対して指定された許容誤差の表示

コピーのセマンティクス

ハンドル。ハンドル クラスがコピー操作にどのように影響するかについては、オブジェクトのコピー (MATLAB)を参照してください。

すべて折りたたむ

fxpOptimizationObject を既定のプロパティ値で作成します。

options = fxpOptimizationOptions();

作成後にドット構文を使用してプロパティを編集します。

options.Patience = 15;
options.AllowableWordLengths = [8,16,32]
options = 
  fxpOptimizationOptions with properties:

           MaxIterations: 50
                 MaxTime: 600
                Patience: 15
               Verbosity: High
    AllowableWordLengths: [8 16 32]
             UseParallel: 0

   Advanced Options
         AdvancedOptions: [1x1 struct]

R2018a で導入