Main Content

revert

クラス: OptimizationResult

最適化で変更されたシステムのデータ型と設定を元の状態に戻す

説明

revert(result) は、最適化で変更されたシステムの設定やデータ型を元の状態に戻します。

入力引数

すべて展開する

最適化前の状態に戻す OptimizationResult オブジェクト。

考慮事項

最適化するシステムに MATLAB Function ブロックが含まれている場合、そのブロックは最適化によって元の MATLAB Function ブロックを含むバリアントと最適化された固定小数点データ型のブロックを含むバリアントをもつ Variant Subsystem, Variant Model ブロックに置き換えられます。MATLAB Function ブロックを含むシステムを元に戻すと、元の MATLAB Function ブロックを含むバリアントがアクティブなバリアントとして設定されます。

同様に、最適化するシステムに Stateflow® チャートが含まれている場合、最初に最適化プロセスでチャート内のすべてのデータ型が Simulink.NumericType オブジェクトに置き換えられます。Stateflow チャートを含むシステムを元に戻すと、Simulink.NumericType オブジェクトのデータ型は元のデータ型に戻りますが、NumericType オブジェクトがモデルに残った状態になります。

これらのいずれの場合も、システムを元に戻すとモデルの数値的な動作は最適化前と同じになりますが、モデルの実質的な状態は最適化前と同じになりません。

バージョン履歴

R2020a で導入