最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

関数の動的な優先順位スケジューリング

この例では、Stateflow チャートを使って関数の実行を動的にスケジュールする一般的なモデル化パターンを示します。

概要

Simulink メッセージは、関数の実行順序が実行間隔で異なる可能性のある状況をモデル化するために使用できる優先順位キューを作成および管理するための内部的なサポートを提供します。

また、Sequence Viewer を使って、実行シーケンスを可視化できます。動的に変更される実行シーケンスを表示するには、次の手順を実行します。1. 'Sequence Viewer' ブロックをダブルクリックします。2. [実行] ボタンを 1 回クリックします。

モデルを閉じる