ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブロック作成の基礎

新しいブロック開発を通じて Simulink® のブロック機能を拡張する際の原則

Simulink では、既存のコードを統合して独自のブロックを作成し、組み込みのモデル化機能を拡張できます。

既存のコードは、Simulink ライブラリ ブロックからは使用できない種類の機能を提供する任意のコードです。MATLAB®、C/C++、および Fortran コードを統合できます。System object™ を統合することもできます。

組み込みのライブラリで適切なブロックが提供されていない場合は、ニーズに応じた新しい Simulink ブロックを作成します。Simulink ブロック線図ではなく、MATLAB 関数を使用して新しい機能を作成できます。

ブロック

Fcn指定された式を入力に適用
Function CallerSimulink またはエクスポートされた Stateflow 関数の呼び出し
Interpreted MATLAB FunctionMATLAB 関数または式を入力に適用
Level-2 MATLAB S-Functionモデルで Level-2 MATLAB S-Function を使用
MATLAB Function組み込み C コードを生成する MATLAB コードをモデルに含める
MATLAB SystemSystem object をモデルに含める
S-Functionモデルに S-Function を追加
S-Function BuilderC または C++ コードを統合して S-Function を作成する
Simulink FunctionSimulink ブロックで定義される関数

トピック

カスタム ブロックのタイプ

カスタム ブロックの機能について学習します。

カスタム ブロックの設計と作成

Level-2 の MATLAB S-Function を使用してカスタム ブロックを作成します。

カスタム ブロックの機能の比較

さまざまなカスタム ブロックのタイプの機能を比較対照します。