Main Content

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ライブラリ ブラウザーへのライブラリの追加

この例では、ブロック ライブラリを作成して Simulink® ライブラリ ブラウザーに追加する方法を示します。この例ではサブライブラリを追加する方法も説明します。

関数 slblocks を作成してライブラリに関する情報を指定します。関数を .m または .mlx ファイルとして保存できます。P コード ファイルとして保存することはできません。

  1. Simulink スタート ページから、[空のライブラリ] を選択して [ライブラリの作成] をクリックします。

  2. 1 つの Gain ブロックと 1 つの Subsystem ブロックをライブラリに追加します。サブシステムから入力端子と出力端子を削除します。

  3. Subsystem ブロックに My Sublibrary という名前を付けます。これをサブライブラリにリンクするには、My Sublibrary プロパティで OpenFcn コールバックを mylib2 に設定します。

  4. MATLAB® コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力してモデル プロパティ EnableLBRepository を有効にします。ライブラリを保存するときにこのプロパティがオンになっている場合のみ、ライブラリがブラウザーに表示されます。

    set_param(gcs,'EnableLBRepository','on');
  5. MATLAB パスにあるフォルダーにライブラリを保存します。この例では、ライブラリに mylib という名前を付けています。

  6. 別のライブラリ mylib2 を作成し、ブロックをいくつか追加します。

  7. MATLAB コマンド プロンプトで、モデルのプロパティ EnableLBRepository を新しいライブラリについて有効にします。

    set_param(gcs,'EnableLBRepository','on');
  8. mylib2 を、mylib を保存したフォルダーと同じフォルダーに保存します。

    必要に応じて、両方のライブラリを閉じます。

  9. MATLAB で、ライブラリを保存したフォルダーを右クリックして [新規ファイル][スクリプト] を選択します。ファイルに slblocks.m という名前を付けます。

  10. slblocks.m を開きます。次の関数をこのファイルに追加して保存します。

    function blkStruct = slblocks
    		% This function specifies that the library should appear
    		% in the Library Browser
    		% and be cached in the browser repository
    
    		Browser.Library = 'mylib';
    		% 'mylib' is the name of the library
    
    		Browser.Name = 'My Library';
    		% 'My Library' is the library name that appears 
                 % in the Library Browser
    
    		blkStruct.Browser = Browser; 

  11. ライブラリ ブラウザーで、更新して新しいライブラリとサブライブラリを確認します。ライブラリ リストを右クリックして [ライブラリ ブラウザーを更新] を選択します。

    次の図は、ライブラリ ブラウザー名が [My Library] のライブラリ例 mylib を示します。

    作成したコールバックにより、My Sublibrary をクリックすると mylib2 ライブラリの内容が表示されます。

メモ

'EnableLBRepository''on' に設定せずにライブラリを保存すると、ライブラリ ブラウザーの上部にメッセージが表示されます。

[修正] をクリックして、プロンプトに適宜応答します。

ライブラリ リスト内のライブラリ順の指定

sl_customization.m ファイルを MATLAB パスに追加して、ライブラリの並べ替え優先順位を設定することで、ライブラリの順序をリスト内の他のライブラリと相対的に指定できます。たとえば、自分のライブラリをリストの一番上に表示するには、並べ替え優先順位を -2 に設定します。既定では、Simulink ライブラリの並べ替え優先順位は -1 です。他のライブラリの並べ替え優先順位は、既定では 0 であり、これらのライブラリは Simulink ライブラリの下に表示されます。同じ並べ替え優先順位のライブラリは、アルファベット順に表示されます。

このサンプルの sl_customization.m ファイルの内容によって、新しいファイルがライブラリのリストの一番上に配置されます。

function sl_customization(cm)
% Change the order of libraries in the Simulink Library Browser. 
cm.LibraryBrowserCustomizer.applyOrder({'My Library',-2});
end

カスタマイズをすぐに有効にするには、コマンド プロンプトで次のように入力します。

sl_refresh_customizations

関連する例

詳細