Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

カスタマイズの登録

Simulink におけるカスタマイズの登録について

MATLAB® 関数 sl_customization.m を使用してカスタマイズを登録します。この関数を、カスタマイズする Simulink® インストールの MATLAB パス上または現在のフォルダーに配置します。

複数の sl_customization.m ファイルを配置することができます。各ファイルのカスタマイズが有効になり、カスタマイズごとに競合が処理されます。たとえば、複数の sl_customization ファイルのライブラリに対して優先順位を指定すると、1 つだけが有効になります。同じメニュー項目を 2 回追加すると、2 回表示されます。カスタマイズが予測どおりに読み込まれていることを確認するには、カスタマイズ ファイルの読み取りと更新の説明に従ってカスタマイズを更新します。

関数 sl_customization は、1 つの引数を受け入れます。この引数は、カスタマイズ マネージャー オブジェクトである cm のハンドルです。以下に例を示します。

function sl_customization(cm)

関数 sl_customization で、アプリケーションに固有のカスタマイズ マネージャー オブジェクトのプロパティとメソッドを使用してカスタマイズを登録します。カスタマイズのプロパティとメソッドを使用して、以下を実行できます。

その他の MathWorks® 製品では、カスタマイズ マネージャー オブジェクトと sl_customization.m ファイルを使用します。製品に適用されるメソッドとプロパティについては、製品のドキュメンテーションを参照してください。

カスタマイズ ファイルの読み取りと更新

Simulink の起動時に sl_customization.m ファイルが読み取られます。sl_customization.m ファイルを変更する場合は、Simulink を再起動するか、次のコマンドを入力して変更を確認します。

sl_refresh_customizations

このコマンドは、MATLAB パス上および現在のフォルダー内のすべての sl_customization.m ファイルを実行します。sl_refresh_customizations を実行すると、次のような副次的影響があります。

  • Simulink ツールストリップのリビルド

  • すべての Simulink エディターのメニューのリビルド

  • ライブラリ ブラウザーのメニューとツール バーのリビルド

  • ライブラリ ブラウザー キャッシュのクリアとライブラリ ブラウザーの更新

  • ビューアーおよびジェネレーター マネージャーのデータの再読み込み

関連するトピック