ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

S-Function Builder

C または C++ コードを統合して S-Function を作成する

  • ライブラリ:
  • Simulink / User-Defined Functions

説明

S-Function Builder は新規あるいは既存の C または C++ コードを統合して、指定した仕様から C MEX S-Function を作成します。S-Function Builder ブロックを使用して S-Function を生成する方法の詳細は、Build S-Functions Automaticallyを参照してください。

S-Function Builder ブロックのインスタンスは、Simulink® モデルで生成された S-Function のラッパーとしても機能します。S-Function Builder ブロックのインスタンスを含むモデルのシミュレーションを実行すると、Simulink ソフトウェアではインスタンスの mdlStartmdlOutputsmdlDerivativesmdlUpdate および mdlTerminate メソッドで C または C++ コードを呼び出すために、生成された S-Function を呼び出します。Simulink エンジンと S-Function の相互作用については、Simulink Engine Interaction with C S-Functionsを参照してください。

メモ

S-Function Builder ブロックは、マスキングをサポートしません。しかし、S-Function Builder ブロックを含む Subsystem ブロックのマスキングは可能です。詳細については、動的なマスク サブシステムを参照してください。

端子

入力

すべて展開する

S-Function Builder は、複雑な 1 次元または 2 次元信号および非バーチャル バスを受け入れることができます。これらの各状況で、信号には Simulink でサポートされるデータ型が必要です。

詳細については、Simulink ドキュメンテーションのSimulink でサポートされているデータ型を参照してください。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

出力

すべて展開する

S-Function Builder は、複雑な 1 次元または 2 次元信号および非バーチャル バスを出力することができます。これらの各状況で、信号には Simulink でサポートされるデータ型が必要です。

詳細については、Simulink ドキュメンテーションのSimulink でサポートされているデータ型を参照してください。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

パラメーター

S-Function Builder ブロックのパラメーター ダイアログ ボックスの使用方法の詳細は、オンライン ドキュメンテーションのS-Function Builder Dialog Boxを参照してください。

モデルの例

ブロックの特性

データ型

double | single | Boolean | base integer | fixed point

直接フィードスルー

なし

多次元信号

あり

可変サイズの信号

なし

ゼロクロッシング検出

なし

拡張機能

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して浮動小数点アルゴリズムを固定小数点に変換します。

R2006a より前に導入