Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

S-Function API を使用するカスタム コードおよびハンド コードされたブロック

このライブラリは、さまざまなタイプの Simulink® S-Function の例を起動します。Simulink S-Function を使用すると、ハンド コードされたブロックを新たに加えて Simulink を拡張したり、カスタム外部コードとのインターフェイスをとったり、他のプログラムへのライブ インターフェイスを作成したりできます。この例を使用して、C、C++、M および Fortran の S-Function が含まれたモデルにアクセスします。

それぞれの例には、S-Function ブロックを実行するモデルと、S-Function コードを編集するためのリンクが含まれています。[S-Function ブロック] ダイアログの [編集] ボタンを使用して、メイン S-Function ファイルにアクセスすることもできます。一部のモデルでは、[マスク内を表示] を使用して S-Function にアクセスします。また、S-Function Builder ブロックは S-Function ブロックのマスク バージョンです。このブロックには、コア アルゴリズムから S-Function を作成するエディターが含まれています。

既定の設定では、S-Function Builder は、Simulink® Coder™ および Embedded Coder™ 用の TLC ファイルも作成します。

参考

|

関連するトピック