最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

S-Function の品質のデバッグと解析

S-Function における品質の解析および潜在的な問題のトラブルシューティング

S-Function API を使用して S-Function の品質を解析します。

ブロック

S-Functionモデルに S-Function を追加
S-Function BuilderC または C++ コードを統合して S-Function を作成する

クラス

Simulink.sfunction.AnalyzerSimulink S-Function アナライザー オブジェクトの作成
Simulink.sfunction.analyzer.BuildInfo ビルド情報を表すオブジェクトを作成
Simulink.sfunction.analyzer.Options S-Function チェックを実行するオプションを指定するオブジェクトを作成

メソッド

Simulink.sfunction.analyzer.findSfunctionsモデル内で使用可能なすべての S-Function を見つけて返す

トピック

Check S-Functions Using S-Function Analyzer APIs

Run quality checks on S-functions to identify potential problems.

S-Function の品質チェックの実行

この例では、S-Function アナライザー API を使用して、潜在的な問題や改善点を特定するために S-Function を確認する方法を示します。

Troubleshoot S-Function Checks

Troubleshoot the problems that could occur during S-function checks.

Debug C MEX S-Functions

Troubleshoot errors and problems in C MEX S-Functions.

S-Functions in Normal Mode Referenced Models

Learn the requirements for C S-functions that are used in referenced models executing in normal mode.

注目の例