Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

Simulink.sfunction.analyzer.Options クラス

パッケージ: Simulink.sfunction.analyzer
スーパークラス:

S-Function チェックを実行するオプションを指定するオブジェクトを作成

説明

Simulink.sfunction.analyzer.Options オブジェクトはコンストラクター Simulink.sfunction.analyzer.Options() を介して作成されます。Simulink.sfunction.analyzer.Options オブジェクトは S-Function チェックを実行するためのオプションをキャプチャします。これらのチェックには、Polyspace® とパラメーターのロバスト性チェックを有効にするかどうかや、モデルの最大シミュレーション時間および結果レポートの出力パスが含まれます。

作成

opts= Simulink.sfunction.analyzer.Options() は、次のプロパティ値をもつオプション オブジェクトを返します。

       EnablePolyspace: 0
      EnableRobustness: 0
EnableUsePublishedOnly: 0
            ReportPath: pwd
       ModelSimTimeOut: 10

プロパティ

すべて展開する

Polyspace Code Prover チェックを含めるかどうかを判定する Boolean 型のチェック。

メモ

これらのチェックは通常、実行するのに時間がかかります。

ロバスト性のチェックを含めるかどうかを示す Boolean 型のチェック。

メモ

これらのチェックは通常、実行するのに時間がかかります。

生成されたレポート ディレクトリへのパス。

モデルの最大シミュレーション時間 (秒単位)。

ドキュメンテーションにない S-Function API がコードに使用されているかどうかを示すチェック。

R2017b で導入