ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Reshape

信号のサイズの変更

  • ライブラリ:
  • Simulink / Math Operations

    HDL Coder / Math Operations

説明

Reshape ブロックは、入力信号の次元を、[出力次元] パラメーターを使って、指定した次元に変更します。たとえば、ブロックを使用して N 要素ベクトルを 1 行 N 列または N 行 1 列の行列信号に変更できます。

端子

入力

すべて展開する

[出力次元] パラメーターに基づいて次元が変更された入力信号。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

出力

すべて展開する

[出力次元] パラメーターに指定された次元で作成された出力信号。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

パラメーター

すべて展開する

出力信号の次元を指定します。

出力の次元説明

1 次元配列

多次元配列をベクトル (1 次元配列) 配列信号に変換します。出力ベクトルは、入力行列の最初の列、次に入力行列の 2 番目の列、というように続く内容で構成されます (このオプションは、ベクトル入力は変更しません)。

列ベクトル

ベクトル、行列、多次元入力信号を列の行列、すなわち M 行 1 列の行列に変換します。ここで、M は入力信号の要素数です。行列に対しては、変換は列単位の順番で行われます。多次元配列に対しては、変換は最初の次元について行われます。

行ベクトル

ベクトル、行列、多次元入力信号を行の行列、すなわち 1 行 N 列の行列に変換します。ここで、N は入力信号の要素数です。行列に対しては、変換は列単位の順番で行われます。多次元配列に対しては、変換は最初の次元について行われます。

カスタマイズ

入力信号を、[出力の次元] パラメーターを使って指定したサイズの出力信号に変換します。

参照入力端子から派生

2 番目の入力端子、Ref をブロックに作成します。信号入力の次元から Ref 入力端子への出力信号の次元を導出します。このオプションを選択すると、[出力の次元] パラメーターが無効になります。このパラメーターを選択する場合、URef 両方の入力端子の入力信号が同じサンプリング モード (サンプルベースまたはフレームベース) をもたければなりません。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutputDimensionality
: 文字ベクトル
: '1-D array' | 'Column vector (2-D)' | 'Row vector (2-D)' | 'Customize' | 'Derive from reference input port'
既定の設定: '1-D array'

出力信号の次元を指定します。値には 1 要素ベクトルまたは多要素ベクトルを指定できます。[N] の値は、サイズ N のベクトルを出力します。[M N] の値は、MN 列の行列を出力します。入力信号の要素数は、[出力の次元] パラメーターで指定した要素数と一致しなければなりません。多次元配列に対しては、変換は最初の次元について行われます。

依存関係

このパラメーターを有効にするには、[出力次元][カスタマイズ] に設定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: OutputDimensions
: 文字ベクトル
: '[integer,intger]' |
既定の設定: '[1,1]'

モデルの例

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

はい

多次元信号

はい

可変サイズの信号

はい

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入