ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Mux

同じデータ型および数値型をもつ入力信号を組み合わせてバーチャル ベクトルにする

  • ライブラリ:
  • Simulink / Commonly Used Blocks

    Simulink / Signal Routing

    HDL Coder / Commonly Used Blocks

    HDL Coder / Signal Routing

説明

Mux ブロックは、その入力を組み合わせて単一のベクトル出力を作成します。入力はスカラー信号、ベクトル信号になります。すべての入力は、同じデータ型と数値タイプでなければなりません。ベクトルの作成と分解の詳細については、Mux 信号を参照してください。

出力信号ベクトルの要素の順番は、入力端子信号の上から下、あるいは左から右の順になります。ブロックの向きに関する端子の順番の詳細は、回転または反転後の端子の位置を参照してください。

バーチャル信号の非バーチャル コンポーネントは、領域と呼ばれます。1 つのバーチャル信号に同じ領域が複数回含まれている場合もあります。たとえば、同じ非バーチャル信号が Mux ブロックの 2 つの入力端子に接続されている場合、ブロックは領域を 2 つ含む 1 つのバーチャル信号を出力します。領域は、最終的な動作によって情報が複製された場合でも、2 つの異なる非バーチャル信号で生成された場合は別々に動作します。

メモ

Simulink® は信号を結合して合成信号にするさまざまな技術を提供します。詳細については、合成信号手法を参照してください。

端子

入力

すべて展開する

信号を抽出および出力する入力非バス ベクトル信号を受け入れる端子。

出力

すべて展開する

入力ベクトルから抽出された出力信号。出力信号端子は上から下へ並べられます。ブロックの向きに関する端子の順番の詳細は、回転または反転後の端子の位置を参照してください。

パラメーター

すべて展開する

入力信号の数を指定します。信号名とサイズを指定することもできます。次のいずれかの形式を使用します。

形式ブロックの動作

スカラー

Mux ブロックへの入力の数を指定します。

この形式を使用した場合、このブロックは任意のサイズのスカラー信号またはベクトル信号を受け入れます。Simulink は、各入力に名前 signalN を割り当てます。ここで、N は入力端子番号です。

ベクトル

ベクトルの長さは入力の数を指定します。各要素は、対応する入力の次元を指定します。

正の値は、対応する端子がそのサイズのベクトルのみを受け入れるように指定します。たとえば、[2 3] はサイズ 2 および 3 の 2つの入力端子をそれぞれ指定します。入力信号の幅が期待される幅と一致しないと、エラー メッセージが表示されます。値 -1 は、対応する端子が任意の次元を有するベクトルまたは行列を受け入れできるように指定します。

cell 配列

cell 配列の長さは、入力の数を指定します。各セルの値は、対応する入力の次元を指定します。

スカラー値 N はサイズ N のベクトルを指定します。値 -1 は、対応する端子が任意の次元を有するスカラーまたはベクトルの信号を受け入れできるように指定します。

信号名リスト

コンマで区切られた信号名のリストを入力できます。Simulink は、対応する端子と信号に各名前を割り当てます。たとえば、position,velocity を入力する場合、Mux ブロックには position および velocity という名前の 2 つの入力があります。

ヒント

[入力の数] パラメーターのスカラーを指定し、すべての入力端子が接続されている場合、Mux ブロックの入力側の近くに新しい信号線を描画すると、Simulink により端子が追加され、パラメーターが更新されます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: Inputs
型: スカラー、ベクトル、cell 配列、信号名リスト
値: 数値、端子番号のベクトル、cell 配列、信号名リスト
既定の設定: {'2'}

既定では、ブロック アイコンはブロックの前景色で塗りつぶされたバーになります。入力信号名を含めた塗りつぶしなしのバーとしてアイコンを表示するには、[信号] を選択します。ブロックのタイプ名をボックス内に含めたアイコンを表示するには、[なし] を選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: DisplayOption
型: 文字ベクトル
値: 'bar' 'signals' 'none''bar'
既定の設定: 'bar'

ブロックの特性

データ型

Boolean | double | enumerated | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

はい

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

PLC コード生成
Simulink® PLC Coder™ を使用して構造化テキスト コードを生成します。

R2006a より前に導入