Main Content

非バーチャル ブロックとバーチャル ブロック

Simulink® ブロックは基本的に 2 種類あります。1 つは非バーチャル ブロック、もう 1 つはバーチャル ブロックです。

  • 非バーチャル ブロックは、システムのシミュレーションにおいて動的な役割を果たします。非バーチャル ブロックを追加したり削除したりすると、モデルの動作が変わります。

  • バーチャル ブロックは、視覚的なモデルの構成に役立ちます。シミュレーションにおいて動的な役割を果たしませんが、他のブロックの実行順序に影響する可能性があります。

いくつかの Simulink ブロックは、ある状況下ではバーチャルで、その他の状況では非バーチャルになります。このようなブロックを、"条件付きバーチャル ブロック" と呼びます。

次の表に、Simulink のバーチャル ブロックと条件付きバーチャル ブロックを示します。

ブロック名ブロックがバーチャルになる条件

Bus Assignment

入力バスがバーチャルの場合、バーチャル

Bus Creator

出力バスがバーチャルの場合、バーチャル

Bus Selector

入力バスがバーチャルの場合、バーチャル

Demux

常にバーチャル

Enable

Outport ブロックに直接結線されている。それ以外はバーチャル。

From

常にバーチャル

Goto

常にバーチャル

Goto Tag Visibility

常にバーチャル

Ground

常にバーチャル

In Bus Element

入力バスが非バーチャルであり、"かつ" 可変サイズの信号が含まれている。"それ以外" はバーチャル。

Inport

条件付き実行サブシステムまたは Atomic Subsystem の中に存在し、かつOutport ブロックに直接結線されている。"それ以外" はバーチャル。

Mux

常にバーチャル

Out Bus Element

出力バスが非バーチャルである。”それ以外" はバーチャル

Outport

ブロックが任意のサブシステム (条件付きかそうでないかにかかわらず) の中に存在し、Simulink ウィンドウのルート (最上位) に存在 "しない" 場合はバーチャル

Selector

[入力の次元数]1[インデックス オプション][すべて選択][インデックスベクトル (ダイアログ)]、または [開始インデックス (ダイアログ)] の場合のみにバーチャル

Signal Specification

常にバーチャル

Subsystem

ブロックが条件付きで実行されているか、[Atomic サブシステムとして扱う] チェック ボックスをオンにしている。それ以外はバーチャル。

ブロックがバーチャルかどうかは、IsSubsystemVirtual ブロック プロパティで確認できます。ブロック固有のパラメーターを参照してください。

Terminator

常にバーチャル

Trigger

出力端子が表示されていない場合バーチャル

関連するトピック