ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Data Store Write

データ ストアへデータの書き込み

  • ライブラリ:
  • Simulink / Signal Routing

説明

Data Store Write ブロックは、入力値を名前付きデータ ストアにコピーします。Data Store Write ブロックによって書き込み操作が行われるたびに、データ ストアが上書きされ、以前の内容が置き換えられます。

このブロックが書き込むデータ ストアは、データ ストアを定義した Data Store Memory ブロックまたは信号オブジェクトの位置によって決まります。詳細はデータ ストアと「Data Store Memory」を参照してください。データ ストアのサイズは、データ ストアを定義し初期化する Data Store Memory ブロックまたは信号オブジェクトによって設定されます。そのデータ ストアに書き込む各 Data Store Write ブロックは、同じ量のデータを書き込まなければなりません。

1 つを超える Data Store Write ブロックは同じデータ ストアに書き込むことができます。ただし、2つの Data Store Write ブロックが同じシミュレーション ステップ中に同じデータ ストアへの書き込みを試みた場合、結果は予期しないものになります。

データ ストアから正しい結果を得るためには、データ ストアの読み込みと書き込みが、所定の順序で行われる必要があります。詳細はデータ ストア アクセスの順序データ ストア診断を参照してください。

シミュレーションのすべてのステップについて、ローカルまたはグローバルのデータ ストア データ変数の値のログを作成することができます。詳細については、データ ストアのログ記録を参照してください。

端子

入力

すべて展開する

指定されたデータ ストアに書き込む値。Data Store Write ブロックは、実数信号または複素信号を受け入れます。

Data Store Write ブロックでバス配列を使用できます。バス配列の定義と使用方法の詳細は、バス配列へのバスの統合を参照してください。

関連付けられているデータ ストアにバスのサブセットまたは行列要素を割り当てるには、[要素の代入] ペインを使用します。Data Store Write ブロックのアイコンは指定した要素を反映します。詳細については、特定のバスおよび Matrix 要素へのアクセスを参照してください。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

パラメーター

すべて展開する

引数

このブロックがデータを書き込むデータ ストアの名前を指定します。隣接するドロップダウン リストは、モデル内で Data Store Write ブロックと同じレベルか、それ以上のレベルにある Data Store Memory ブロックの名前を提供します。このドロップダウン リストには、ベース ワークスペースとモデル ワークスペースにあるすべての Simulink.Signal オブジェクトも含まれます。名前を変更するには、ドロップダウンから名前を選択するか、編集フィールドに名前を直接入力します。

Simulink® ソフトウェアがこのブロックを含んでいるモデルをコンパイルするとき、Simulink はこのブロックをもつモデルの上位レベルで、指定されたデータ ストア名をもつ Data Store Memory ブロックを検索します。Simulink がそのようなブロックを見つけられない場合、モデル ワークスペースと MATLAB® ワークスペースで同じ名前をもつ Simulink.Signal オブジェクトを検索します。Simulink は Data Store Memory ブロックも信号オブジェクトも検索できない場合、コンパイルを停止して、エラーを表示します。検索パスの詳細は、記号の解釈を参照してください。

信号オブジェクトが見つかると、Simulink は、モデルのルート レベルで非表示の Data Store Memory ブロックを作成します。このブロックは、信号オブジェクトによって指定されたプロパティをもち、初期値が零点の行列に設定されています。この行列の次元は、信号オブジェクトの Dimensions プロパティから継承されます。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: DataStoreName
: 文字ベクトル
: データ ストア名
既定の設定: 'A'

このフィールドには、このブロックが書き込むデータ ストアを初期化した Data Store Memory ブロックがリストされます。

このフィールドには、このブロックと同じデータ ストア名をもち、同じシステム (またはサブシステム) あるいはモデルの階層構造内でそれより下にあるサブシステム内のすべての Data Store Read ブロックへのパスがリストされます。このリスト内のエントリをクリックすると、モデル内の対応するブロックが強調表示されます。

ブロックがデータ ストアに書き込むタイミングを制御するサンプル時間。-1 という値は、サンプル時間が継承されることを示します。詳細については、サンプル時間の指定を参照してください。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: SampleTime
: 文字ベクトル
: スカラー | ベクトル
既定の設定: '-1'

要素の代入

関連付けられているデータ ストアの要素のリスト。配列のデータ ストアの場合、データ ストア全体を読み取ることも、データ ストア全体の 1 つ以上の要素を割り当てることもできます。バス データ型のデータ ストアの場合、ツリーを展開してバス要素を表示できます。このリストは、各要素の最大次元を小かっこ内に表示します。

要素を 1 つ選択してから、次のいずれかの方法を使用できます。

  • [選択 >>] をクリックして [選択された要素] リストにその要素 (およびそのサブ要素) を表示します。

  • [選択する要素の指定] エディット ボックスを使用すると、書き込みのために選択する要素を指定できます。次に、[選択 >>] をクリックします。

表示を更新して、変更をデータ ストアで使用される配列またはバスに反映させるには、[更新] をクリックします。

依存関係

このセクションのプロンプト ([配列内の要素] または [バス内信号]) は、データ ストア内のデータ型に依存します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: DataStoreElements
: 文字ベクトル
: 要素の # 区切りリスト (コマンド ラインを使用した指定を参照)
既定の設定: ''

MATLAB 式を入力して、書き込む要素を定義します。たとえば、最大次元 [3,5] がある DSM という名前のデータ ストアに対して、エディット ボックス内で DSM(2,4)DSM([1 3],2) などの式を入力できます。次に、[選択 >>] をクリックします。

要素の選択を適用するには、[OK] または [適用] をクリックします。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: DataStoreElements
: 文字ベクトル
: 要素の # 区切りリスト (コマンド ラインを使用した指定を参照)
既定の設定: ''

割り当てのために選択した要素を表示します。Data Store Write ブロックのアイコンには、指定した各要素の端子が表示されます。

リスト内のバス要素または行列要素の順序を変更するには、リスト内の要素を選択して [上] または [下] をクリックします。リスト内の要素の順序を変更すると、端子の順序も変更されます。要素を削除するには、[削除] をクリックします。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: DataStoreElements
: 文字ベクトル
: 要素の # 区切りリスト (コマンド ラインを使用した指定を参照)
既定の設定: ''

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single | string

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入