ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

State Writer

ブロックの状態に書き込む

  • ライブラリ:
  • Simulink / Signal Routing

説明

State Writer ブロックは、サポートされている状態オーナー ブロックの状態を設定します。State Writer ブロックをもつライブラリ ブロックを作成するときは、状態オーナー ブロックも含めてください。

State Writer ブロックを Simulink® ライブラリ ブラウザーからモデルに追加します。

State Writer ブロックは、以下の状態オーナー ブロックに状態を書き込むことができます。

  • Discrete State-Space

  • Discrete-Time Integrator

  • Delay

  • Unit Delay

  • Discrete Transfer Fcn

  • Discrete Filter

  • Discrete FIR Filter

  • Integrator

  • Second-Order Integrator

  • Enabled SubsystemTriggered SubsystemFunction-Call Subsystem などの条件付きサブシステム ブロック。

  • 複数の離散状態をもつ S-Function

端子

入力

すべて展開する

状態オーナー ブロックに書き込まれる状態値。

入力スカラーを使用して状態オーナー ブロックに書き込むとき、スカラー値は状態の次元に一致するように展開されます。状態の要素はすべて同じ値に設定されます。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

パラメーター

すべて展開する

このブロックが状態を書き込んでいる状態オーナー ブロックを表示します。状態オーナー ブロックを変更するには、[状態オーナー セレクター ツリー] からブロックを選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: StateOwnerBlock
型: 文字ベクトル
値: '' | '<model path/block name>'
既定の設定: ''

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。