Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

State Writer

ブロックの状態に書き込む

  • ライブラリ:
  • Simulink / Signal Routing

  • State Writer block

説明

State Writer ブロックは、サポートされている状態オーナー ブロックの状態を設定します。

State Writer ブロックは、以下の状態オーナー ブロックに状態を書き込むことができます。

  • Discrete State-Space

  • Discrete-Time Integrator

  • Delay

  • Unit Delay

  • Discrete Transfer Fcn

  • Discrete Filter

  • Discrete FIR Filter

  • Integrator

  • Second-Order Integrator

  • Enabled SubsystemTriggered SubsystemFunction-Call Subsystem などの条件付きサブシステム ブロックの Outport

  • 複数の離散状態をもつ S-Function

    S-Function ブロックを状態オーナー ブロックとして設定するには、1 つのデータ型作業ベクトルが、ssSetDWorkUsedAsDState を使用して離散状態ベクトルとして宣言され、また mdlInitializeSizesssSetDWorkName または ssSetDWorkRTWIdentifier を使用して命名されなければなりません。

ヒント

ブロックが当該ブロックの IsStateOwnerBlock パラメーターの値でサポートされる状態オーナー ブロックであるかどうか確認できます。式

get_param(blk,'IsStateOwnerBlock')
ここで、blk はブロック名またはハンドルで、ブロックがサポートされている状態オーナー ブロックの場合は 'on'、それ以外の場合は 'off' を返します。

State Reader ブロックまたは State Writer ブロックをモデルに追加するには、状態オーナー ブロックを右クリックし、Simulink® キャンバスの空の部分にドラッグします。解放すると、メニューが表示されます。[State Reader ブロックの作成] または [State Writer ブロックの作成] を選択します。

Simulink canvas showing Unit Delay block and quick menu with Paste, Create State Reader Block, Create State Writer block, which is highlighted, and Cancel

State Reader ブロックまたは State Writer ブロックを作成すると、状態オーナー ブロックの上に diamond shape with an x inside it バッジが表示され、状態オーナー ブロック名前が State Reader ブロックまたは State Writer ブロックの横に表示されます。

Simulink canvas showing Unit Delay block with a badge above it, and a State Writer block with "Unit Delay" appearing next to it

State Reader ブロックまたは State Writer ブロックは、その状態オーナー ブロックと同じシステムに残ることはできません。State Reader ブロックまたは State Writer ブロックを作成した後に、そのブロックを切り取り、モデルの階層構造内の目的の場所に貼り付けて移動します。

もしくは、State Reader ブロックまたは State Writer ブロックを Simulink ライブラリ ブラウザーからモデルに追加し、[ブロック パラメーター] ダイアログから [状態オーナー ブロック] パラメーターを設定できます。

メモ

State Reader ブロックまたは State Writer ブロックをもつライブラリ ブロックを作成するときは、対応する状態オーナー ブロックもライブラリ ブロックに含めなければなりません。

State Reader ブロックまたは State Writer ブロックあるいは対応する状態オーナー ブロックを選択して、それに関連するブロックを強調表示できます。

端子

入力

すべて展開する

状態オーナー ブロックに書き込まれる状態値。

入力スカラーを使用して状態オーナー ブロックに書き込むとき、スカラー値は状態の次元に一致するように展開されます。状態の要素はすべて同じ値に設定されます。

データ型: single | double | half | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | fixed point

パラメーター

すべて展開する

このブロックが状態を書き込んでいる状態オーナー ブロックを表示します。状態オーナー ブロックを変更するには、[状態オーナー セレクター ツリー] からブロックを選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: StateOwnerBlock
型: 文字ベクトル
値: '' | '<model path/block name>'
既定の設定: ''

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | half | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。