ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Reset Function

モデル リセット イベントでコンテンツを実行する

  • ライブラリ:
  • Simulink / User-Defined Functions

説明

Reset Function ブロックは、モデル リセット イベントで実行される、事前構成されたサブシステム ブロックです。既定では、Reset Function ブロックには [イベント][リセット] に設定された Event Listener ブロック、[定数値]0 に設定された Constant ブロック、および State Writer ブロックが含まれています。

Constant ブロックを State Writer ブロックの状態値を生成するソース ブロックに置き換えます。

Terminate Function ブロック内で完全にサポートされる出力端子をもつ、条件付きで実行されるサブシステム ブロックです。

サポートされていないブロックと機能の一覧は、初期化関数、リセット関数および終了関数の制限を参照してください。

モデルは、各ブロックに異なる [イベント名] が付けられた複数の Reset Function ブロックをもつ可能性があります。これらの各リセット イベントは、生成コード内で異なる関数として表示されます。

ブロックの特性

データ型

Boolean[a] | bus[a] | double[a] | enumerated[a] | fixed point[a] | integer[a] | single[a] | string[a]

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

限定的[a]

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

[a] 実際のデータ型または機能のサポートは、ブロックの実装に依存します。

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。