ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

初期化関数、リセット関数および終了関数の制限

サポートされていないブロック

Initialize Function ブロック、Reset Function ブロック、Terminate Function ブロックは次をサポートしません。

  • Model ブロック

  • Custom Code ブロック

  • Stateflow® チャート

  • Resettable Subsystem ブロック

  • 状態をもつブロック (たとえば Unit Delay ブロック)

  • 絶対時間をもつブロック (たとえば Clock ブロック)

  • MATLAB System ブロック

  • 永続データまたはグローバル データを使用する MATLAB Function ブロック。ただし、永続データまたはグローバル データがない MATLAB Function ブロックはサポートされます。

Initialize Function ブロック、Reset Function ブロック、Terminate Function ブロックは、次を使用して Simulink Function ブロックを呼び出すことはできません。

  • 入力端子または出力端子

  • Initialize Function ブロック、Reset Function ブロック、Terminate Function ブロック

  • サポートされていないブロック

サポートされていない機能

Initialize Function ブロック、Reset Function ブロック、Terminate Function ブロックは次をサポートしません。

  • 可変サイズの信号の使用

Component I/O ブロック

Initialize Function ブロック、Reset Function ブロック、Terminate Function ブロックが含まれるモデル コンポーネントの入力端子と出力端子は、ブロックを介在せずにルート Inport ブロックと Outport ブロックに接続しなければなりません。

この例では、Initialize Function ブロックは Subsystem ブロックに配置されます。Subsystem ブロックが含まれるモデルはルート レベルのモデルで参照されるモデルから参照されます。[モデル初期化端子を表示] パラメーターがオンになっているルート レベルのモデルのみが、入力端子と出力端子の間にブロックをもつことができます。

参考

ブロック

関連するトピック