ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Parameter Writer

モデル インスタンス パラメーターへの書き込み

  • ライブラリ:
  • Simulink / Signal Routing

説明

Parameter Writer ブロックは、モデルを参照する Model ブロックに属しているインスタンス パラメーターに書き込むことで、参照モデルのブロック パラメーターの値を変更します。

Initialize Function ブロックと Reset Function ブロックを含む Parameter Writer ブロックを使用して、イベントに応答します。たとえば、イベントはハードウェア センサーから値を読み取ってから、センサーの値に基づいてモデル パラメーターを更新することができます。

端子

入力

すべて展開する

ブロックに書き込まれるパラメーター値。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | fixed point

パラメーター

すべて展開する

このブロックが書き込んでいるパラメーター値をもつパラメーター オーナー ブロックを表示します。パラメーター オーナー ブロックを変更するには、[パラメーター オーナー セレクター ツリー] からブロックを選択します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: ParameterOwnerBlock
型: 文字ベクトル
値: '' | '<model path/block name>'
既定の設定: ''

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。