ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

パラメーター値の初期化とリセット

シミュレーション中、環境センサー値の読み取りなどのイベントへの応答を行ってから新しいパラメーター値を使用してアルゴリズムを更新することができます。

Initialize Function ブロックと Reset Function ブロックは、Parameter Writer ブロックがパラメーター値を変更している間にイベントに応答することができます。Parameter Writer ブロックは、ブロック パラメーター値を直接書き込むことはできません。代わりに、Model ブロックに属するインスタンス パラメーターに書き込むことで、参照モデルのブロック パラメーター値を変更します。

Parameter Writer ブロックの使用

以下の例では、Gain ブロックのパラメーター値を変更するための Parameter Writer ブロックの使用方法を示します。

  1. 書き込み可能なパラメーター (モデル パラメーターを使用して定義できるブロック パラメーター) を含むモデルを作成します。この例では、Constant、Gain および Outport ブロックを新しいモデルに追加します。ブロックを接続します。モデルを ParamRw_Sub という名前で保存します。

  2. Simulink パラメーターをモデル ワークスペースに追加します。Simulink エディターのメニューから、[ツール表示][モデル エクスプローラー][モデル ワークスペース] を選択します。モデル エクスプローラーのメニューから、[追加][Simulink Parameter] を選択します。[Name]Parameter_1 に設定し、[Value]1 に設定します。[Argument] チェック ボックスをオンにします。[適用] をクリックします。

  3. Gain ブロック パラメーター ダイアログを開きます。[Gain]Parameter_1 に設定します。

  4. パラメーターを初期化するモデルを作成します。Initialize Function ブロックと Model ブロックを新しいモデルに追加します。モデルを ParamRw_Top という名前で保存します。

  5. Model ブロックの名前を Model_1 に変更します。Model ブロック パラメーター ダイアログ ボックスを開きます。[モデル名] ボックスに、ParamRw_Sub と入力します。[インスタンス パラメーター] タブを選択します。Parameter_1[Value]1 に設定します。これは、Parameter Writer ブロックがこのパラメーターを新しい値で更新する前にモデルが使用する既定値です。

    Model ブロックが Parameter Writer ブロックより低い階層レベルにある場合、[Argument] チェック ボックスをオンにして、パラメーターを高いレベルにプロモートし、それが Parameter Writer ブロックで表示できるようにします。

  6. Initialize Function ブロックをダブルクリックします。ブロックは、State Writer ブロックとともに事前構成されています。

  7. State Writer ブロックを Parameter Writer ブロックで置き換えます。Parameter Writer ブロック パラメーターのダイアログ ボックスを開きます。[パラメーター オーナー セレクター ツリー] から、Parameter_1 を選択します。

  8. Constant ブロック パラメーターのダイアログ ボックスを開きます。[定数値] を 3 に設定します。これは Parameter Writer ブロックを使用してゲインを設定するための値です。

  9. [OK] をクリックしてダイアログを閉じます。Parameter Writer ブロックには、Model_1 のモデル インスタンス パラメーター Parameter_1 に書き込むことを示すラベルが表示されます。

  10. ParamRw_Top タブをクリックします。Model ブロックには、値が Parameter_1 に書き込まれることを示すバッジ が表示されます。

参考

ブロック

関連するトピック