Main Content

Bus to Vector

バーチャル バスをベクトルに変換

  • ライブラリ:
  • Simulink / Signal Attributes

    HDL Coder / Signal Attributes

  • Bus to Vector block

説明

Bus to Vector ブロックはバーチャル バスをベクトル信号に変換します。入力バスは、スカラーまたは 1 次元で構成されているか、同じデータ型、信号タイプ、サンプリング モードをもつ行ベクトルまたは列ベクトルで構成されていなければなりません。入力のバスが行ベクトルまたは列ベクトルを含んでいる場合、出力は対応する行ベクトルまたは列ベクトルになります。それ以外の場合は、出力は 1 次元の配列になります。

Bus to Vector ブロックは、バスからベクトルへの暗黙的な変換を明示的な変換に置き換える場合にのみ使用します。Bus to Vector ブロックを手動で挿入しないで、ベクトルとして使用したバスを特定して修正するには、モデル アドバイザー チェックのベクトルとして扱われるバス信号のチェックを使用できます。あるいは、Bus to Vector ブロックを必要に応じて自動的に挿入する関数 Simulink.BlockDiagram.addBusToVector を使用することもできます。

メモ

R2007a より前のバージョンの Simulink® 製品で [名前を付けて保存] を使用してモデルを保存すると、各 Bus to Vector ブロックが、何も出力しない null サブシステムに置き換えられます。モデルを使用する前に、Bus to Vector ブロックを含むために使用したが null サブシステムによって割り込まれた各パスを再接続するか、別の方法で修正します。

端子

入力

すべて展開する

入力バスは、スカラーまたは 1 次元で構成されているか、同じデータ型、信号タイプ、サンプリング モードをもつ行ベクトルまたは列ベクトルで構成されていなければなりません。入力が非バス信号の場合、ブロックで変換は行われません。

データ型: single | double | half | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated
複素数のサポート: あり

出力

すべて展開する

出力ベクトルの次元は入力バス要素の次元によって決まります。入力のバスが行ベクトルまたは列ベクトルを含んでいる場合、ブロックの出力は対応する行ベクトルまたは列ベクトルになります。それ以外の場合は、出力は 1 次元ベクトルになります。

データ型: single | double | half | int8 | int16 | int32 | int64 | uint8 | uint16 | uint32 | uint64 | Boolean | fixed point | enumerated
複素数のサポート: あり

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | half | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

バージョン履歴

R2007a で導入