ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Manual Variant Source

入力での複数バリアント選択肢の切り替え

  • ライブラリ:
  • Simulink / Signal Routing

説明

Manual Variant Source ブロックは、入力でいずれかのバリアントの選択をアクティブにして、出力へ渡すための切り替えスイッチです。

Manual Variant Source ブロックは、2 つ以上の入力端子をもつことができ、1 つの出力端子をもちます。各入力端子はバリアント制御に関連付けられます。入力端子の数を変更するには、ブロックを右クリックして [マスク パラメーター] を選択し、[選択の数] ボックスに値を入力します。

入力でバリアントの選択を切り替えるには、ブロックをダブルクリックします。ブロックにはアクティブな選択肢が、入力と出力とを結ぶ線とともに表示されます。ブロックは、入力でのアクティブなバリアントの選択を出力に直接伝播して、シミュレーション中に非アクティブな入力端子に接続しているブロックを破棄します。

メモ

Manual Variant Source ブロックをダブルクリックしてもブロック ダイアログ ボックスは開かず、出力の選択の切り替えが行われます。

端子

入力

すべて展開する

1 番目のバリアントの入力信号。ブロックは、切り替えスイッチをこの端子に接続すると、この入力信号を出力端子に渡します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

n 番目のバリアント入力信号。ブロックは、切り替えスイッチをこの端子に接続すると、この入力信号を出力端子に渡します。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

出力

すべて展開する

アクティブなバリアント入力信号から渡された出力信号。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

パラメーター

すべて展開する

ブロック パラメーターにアクセスするには、ブロックを右クリックして [マスク][マスク パラメーター] を選択します。

バリアント入力端子の数を指定します。

プログラムでの使用

ブロック パラメーター: NumChoices
型: 文字ベクトル
値: integer
既定の設定: '2'

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single | string

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

いいえ

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

C/C++ コード生成
Simulink® Coder™ を使用して C および C++ コードを生成します。

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2016b で導入