Main Content

バリアントのインライン コンポーネント

単一のレイヤーで構造のバリエーションを実装

インライン バリアント ブロックを使用して、システムのすべての代替設計を単一のモデルで表現できます。設計の選択肢は、それぞれバリアントの選択として単一のレイヤーでモデルに組み込まれます。このようなモデルには、共通の固定構造と、バリアント制御に応じてアクティブまたは非アクティブになる可変コンポーネントの有限セットがあります。コンポーネントは自動または手動でアクティブにできます。

たとえば、自動車のワイパーの速度を制御するモデルをさまざまなレイン センサーを使用してシミュレートするとします。レイン センサー モデルを Variant Source ブロックに入力として提供し、それらのセンサーをバリアント制御の選択に基づいて切り替えることができます。詳細については、バリアント制御の紹介を参照してください。

インライン バリアント ブロックの生成コードには、システムのすべてのバリアントの選択を含めることができます。Activate Variant During Different Stages of Simulation and Code Generation Workflowで説明されているように、コードのコンパイル前やモデルの起動時に選択を切り替えることができます。インライン バリアント ブロックのコード生成の詳細については、Represent Subsystem and Variant Models in Generated Code (Embedded Coder)を参照してください。

ブロック

Variant Sourceバリアントを使用した複数の入力間での経路指定
Variant Sinkバリアントを使用した複数の出力間での経路指定
Manual Variant Source入力での複数バリアント選択肢の切り替え
Manual Variant Sink出力での複数バリアント選択肢の切り替え

クラス

Simulink.VariantControlCreate a variant control variable object (R2021a 以降)
Simulink.Parameterパラメーター値の保存、共有、構成
Simulink.Variantバリアント選択を制御する条件を指定
Simulink.VariantUtilsUtility methods to work with variant elements (R2023b 以降)

関数

enumerationクラスの列挙型メンバーと名前

オブジェクト

struct構造体配列

トピック

バリアントの接続元信号と接続先信号の自動選択

バリアントの接続元信号と接続先信号の手動指定

トラブルシューティング

モデルをバリアント システムに変換 (Simulink Check)

モデル トランスフォーマー ツールを使用した、モデルのバリアント システムへの変換。