最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Environment Controller

シミュレーションのみ、またはコード生成のみに適用される分岐をブロック線図に作成

  • ライブラリ:
  • Simulink / Signal Routing

説明

Environment Controller ブロックは、このブロックを含んでいるモデルがシミュレートされる場合のみ、Sim 端子に信号を出力します。モデルからコードが生成される場合のみ、Coder 端子に信号を出力します。このオプションによって、シミュレーションのみ、またはコード生成のみに適用される分岐をブロック線図に作成できるようになります。次の表は、Sim 端子または Coder 端子が適用されるさまざまなシナリオを示しています。

シナリオ出力
ノーマル モード シミュレーションSim
アクセラレータ モード シミュレーションSim
ラピッド アクセラレータ モード シミュレーションSim
参照モデルのノーマル モードまたはアクセラレータ モードのシミュレーションSim
参照モデルのプロセッサ イン ザ ループ (PIL) モードのシミュレーションCoder
(参照モデル用に生成されたコードと同じコードを使用)
エクスターナル モード シミュレーションCoder
標準コード生成Coder
参照モデルのコード生成Coder

Simulink® Coder™ ソフトウェアは、以下の条件が成り立つ場合に、Sim 端子に接続されるブロックのコードを生成しません。

  • [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスの [コード生成]、[最適化] ペインで、[既定のパラメーター動作][インライン] に設定します。

  • Sim 端子に接続したブロックには外部信号は含まれない場合。

  • Sim 端子の入力パスには、S-Function または Interpreted MATLAB Function ブロックは含まれません。

ブロックを減らす最適化が可能である場合、Simulink は、シミュレーションのためにモデルをコンパイルするときに、Coder 端子に接続される分岐のブロックを削減します。詳細については、ブロック削減を参照してください。

メモ

Simulink Coder のコード生成は、Sim 分岐が Coder 分岐と同じ次元の信号をもつ場合に限り、Sim 分岐に接続されたブロックを減らします。Simulink Coder は、Sim 分岐を削除するかどうかにかかわらず、生成コードの基本的なサンプル時間を決定するために、Coder 分岐同様、Sim 分岐のサンプル時間を使用します。Sim 分岐に指定されたサンプル時間に対してのみ適用するサンプル時間ハンドリング コードを生成する場合もあります。

端子

入力

すべて展開する

シミュレーションの入力値。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。入力信号は Coder 端子への入力と同じ幅をもたなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

コード生成の入力値。スカラー、ベクトルまたは行列として指定します。入力信号は、Sim 端子への入力と同じ幅をもたなければなりません。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

出力

すべて展開する

Sim または Coder 入力端子からの値。現在の環境によって異なります。さまざまなシミュレーションおよびコード生成モードにおけるブロックの出力内容の詳細については、説明を参照してください。

データ型: single | double | int8 | int16 | int32 | uint8 | uint16 | uint32 | Boolean | fixed point | enumerated | bus

ブロックの特性

データ型

Boolean | bus | double | enumerated | fixed point | integer | single

直接フィードスルー

いいえ

多次元信号

はい

可変サイズの信号

いいえ

ゼロクロッシング検出

いいえ

拡張機能

固定小数点の変換
Fixed-Point Designer™ を使用して固定小数点システムの設計とシミュレーションを行います。

R2006a より前に導入