ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

バスとライブラリ

ライブラリ ブロックを定義すると、そのブロックは通常のサブシステムと同様にバスを入力、処理および出力できます。

以下の場合は、適切な入力バス信号を定義します。

  • ライブラリにバス ルーティング ブロック (Bus CreatorBus Selector、または Bus Assignment) がある場合

  • そのブロックがライブラリへの入力となる信号に依存する場合

ライブラリ内のブロックを変更するには、以下の手順を実行します。ライブラリ リンクの変更の詳細については、ライブラリを参照してください。

  1. そのブロックを使用するライブラリ ブロックを、入力バスに接続するモデルにコピーします。

  2. このモデルのライブラリ ブロックへのリンクを無効にします。

  3. 外部モデルのコンテキスト内でバス ルーティング ブロックを編集します。

  4. リンクをライブラリに関連付けます。

  5. リンク ツールの [プッシュ/復元のモード] で、[プッシュ] を選択し、編集した内容をライブラリに配置します。

  6. ライブラリを保存します。

または、ライブラリで適切なバス信号を提供するには、ライブラリ サブシステム ブロックのインターフェイスでバス オブジェクトを使用してデータ型を確定します。

関連する例

詳細