Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

非バーチャル バスに対して生成されたコードの検証

この例では、非バーチャル バスが、あるモデルに対して生成されたコードにどのように表示されるかを示します。この手順には、Simulink® Coder™ ライセンスが必要です。

非バーチャル バスを含むモデル例を開いてシミュレーションします。

Simulink Coder アプリを開きます。[アプリ] タブの [アプリ] セクションの右端にある矢印をクリックします。[コード生成] の下で、[Simulink Coder] をクリックします。

モデルのコードを生成するには、[C コード] タブで [コード生成] をクリックします。

生成されたファイルを確認するには、NonvirtualBusCodeGenModel_grt_rtw フォルダーを開きます。

NonvirtualBusCodeGenModel_types.h は、Simulink.Bus オブジェクトを構造体として定義します。

typedef struct {
  real_T a;
  real_T b;
  real_T c;
} BusObject;

NonvirtualBusCodeGenModel.h は、BusObject 構造体を使用して Unit Delay ブロックを定義します。

typedef struct {
  BusObject UnitDelay_DSTATE;          /* '<Root>/Unit Delay' */
} DW_NonvirtualBusCodeGenModel_T;

NonvirtualBusCodeGenModel.c は、非バーチャル バスを Outport ブロックに渡す、Unit Delay ブロックを実装します。

NonvirtualBusCodeGenModel_Y.Out1 =
NonvirtualBusCodeGenModel_DW.UnitDelay_DSTATE;

参考

ブロック

オブジェクト

関連するトピック