Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

マルチモード可変サイズの信号

このモデルでは、さまざまな信号サイズに対してさまざまな操作モードを使用する方法を示します。

この例について

以下のモデル例を開きます。

このモデルの処理サブシステムが、可変サイズの信号を受け取ります。信号のサイズは、システムの操作モードによって異なります。モードが変わるたびに、Mode Control Logic Stateflow® チャートが、Process サブシステムに含まれるブロックをリセットする関数呼び出しを生成します。