ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Stateflow

ステート マシンとフロー チャートの使用による、判定ロジックのモデル化およびシミュレーション

Stateflow® は、状態遷移図、フロー チャート、状態遷移表、真理値表を含むグラフィカル言語を提供します。Stateflow を使用して、入力信号、イベント、時間ベースの条件に対して MATLAB® アルゴリズムと Simulink® モデルがどのように反応するかを説明することができます。

Stateflow を使用すると、監視制御、タスク スケジューリング、障害管理、通信プロトコル、ユーザー インターフェイス、ハイブリッド システムを設計および開発できます。

Stateflow によって、組み合わせと順序の判定ロジックをモデル化し、Simulink モデル内でブロックとしてシミュレートしたり、MATLAB でオブジェクトとして実行したりできます。グラフィカル アニメーションにより、実行中のロジックを解析およびデバッグできます。編集時および実行時のチェックにより、設計の一貫性と完全性を実装前に確認できます。

Stateflow 入門

Stateflow の基礎を学ぶ

チャート プログラミング

組み合わせおよび順序論理に対応するステート マシンをプログラミングする

複雑なロジックの設計

監視ロジックの一般的な設計パターンに従う

Simulink でのシミュレーション

Simulink モデル内で Stateflow チャートをブロックとしてシミュレートする

MATLAB での実行

スタンドアロンの Stateflow チャートを MATLAB 内のオブジェクトとして実行する

検証およびコード生成

テスト、デバッグ、データのログ記録、およびコード生成