Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

MATLAB での実行

スタンドアロンの Stateflow® チャートを MATLAB® 内のオブジェクトとして実行する

ステート チャートを使用してロジックを設計し、そのロジックを MATLAB プログラムとして実行します。Stateflow エディターで、チャートを実行してユニット テストを行います。チャートを介して、ユーザー インターフェイスおよびデータ処理アプリケーションの動作を制御します。

関数

すべて展開する

Stateflow.exportAsClassスタンドアロンのチャート用に MATLAB クラスをエクスポートする
Stateflow.exportToVersion以前のバージョンの Stateflow で使用するスタンドアロン チャートのエクスポート

Stateflow の構文

すべて展開する

変化検出

hasChanged最後のタイム ステップ以降のデータの変化を検出する
hasChangedFrom指定した値からのデータの変化を検出する
hasChangedTo指定した値へのデータの変化を検出する

時相論理

afterイベント ブロードキャスト後または指定時間後にチャートを実行
atイベント ブロードキャストまたは指定した時間でチャートを実行
count条件が有効である状態でのチャート実行
elapsedステートがアクティブになってからの時間
every一定間隔でチャートを実行
temporalCountステートがアクティブになってからのイベント数、チャートの実行回数、または時間

トピック

MATLAB オブジェクトとして実行する Stateflow チャートの作成

Simulink® モデル外でスタンドアロンの Stateflow チャートを保存する。

Stateflow チャート オブジェクトの実行と単位テスト

Stateflow チャートを、MATLAB または Stateflow エディターで実行する。

スタンドアロンの Stateflow チャートのデバッグ

実行を中断して Stateflow チャート内の各アクションをステップ実行する。

スクリプトとモデルを使用した Stateflow チャート オブジェクトの実行

スタンドアロンの Stateflow チャートを呼び出す MATLAB スクリプトまたは Simulink モデルを作成する。

MATLAB コードの Stateflow フロー チャートへの変換

MATLAB コードからフロー チャートを生成する。

注目の例