ドキュメンテーション

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで削除されています。

elapsed

elapsed 演算子でチャートの実行を制御する

説明

elapsed(sec) は、関連付けられたステートがアクティブになってから経過したシミュレーション時間を、秒単位 (sec) で返します。

関連付けられたステートが再びアクティブになるたびに、elapsed 演算子は sec のカウンターを 0 にリセットします。

すべて展開する

ステートの entry アクションおよび during アクションで、ステートがアクティブになっている時間の長さが y に代入されます。

en, du: y = elapsed(sec);

ヒント

  • ステート アクションおよび遷移アクションでは、引用符を使用してキーワード 'sec' を囲むことができます。以下に例を示します。

    y = elapsed('sec');

R2017a で導入