ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ステートと遷移の構文

アクションと条件を使用してチャート動作を表現する

ステート間の遷移が発生しアクションが実行されるタイミングを指定することにより、Stateflow® チャートの実行を制御します。イベントをブロードキャストすることにより、ステートの実行を同期します。データ値の変化を検出し、チャート実行時にどのステートがアクティブであるかをチェックします。

ブロック

Chart有限ステート マシンで制御ロジックを実装

Stateflow の構文

すべて展開する

変化検出

hasChanged最後のタイム ステップ以降のデータの変化を検出する
hasChangedFrom指定した値からのデータの変化を検出する
hasChangedTo指定した値へのデータの変化を検出する

時相論理

afterafter 演算子でチャートの実行を制御する
atat 演算子でチャートの実行を制御する
beforebefore 演算子でチャートの実行を制御する
countcount 演算子でチャートの実行を制御する
durationduration 演算子でチャートの実行を制御する
elapsedelapsed 演算子でチャートの実行を制御する
everyevery 演算子でチャートの実行を制御する
temporalCounttemporalCount 演算子でチャートの実行を制御する

トピック

ステート アクション タイプ

ステートがアクティブなときに実行するアクションを指定する。

遷移アクション タイプ

トリガー、条件およびアクションを遷移に追加する。

ステート アクションの組み合わせによる冗長コードの削除

ステート内で entryduring および exit アクションを組み合わせる。

bind アクションによる Function-Call Subsystem の制御

関数呼び出し出力イベントをステートのアクティビティにバインドする。

チャート データでサポートされている演算

Stateflow チャートで数学的計算を実行する。

アクションでサポートされるシンボル

ステート アクションと遷移アクションで使用できるシンボルを指定する。

Stateflow チャートでの外部 MATLAB 関数の呼び出し

コード生成でサポートされていない MATLAB® 関数にアクセスする。

C チャート内の MATLAB 関数およびワークスペース データへのアクセス

ml 演算子を使用して、組み込みの MATLAB 関数を呼び出す。

C チャートでの C ライブラリ関数の呼び出し

ステートおよび遷移のラベルで C 関数にアクセスする。

in 演算子を使用したステート アクティビティのチェック

チャート実行時にステートがアクティブになるかどうかを判定する。

データ値の変化の検出

データの値が変化したときのチャートの動作を定義する。

時相論理を使用したチャート実行の制御

イベントベースおよび絶対時間の時相論理演算子を使用する。

暗黙的イベントを使用したチャート動作の定義

データ値およびステート アクティビティの変化によりチャート アクションをトリガーする。

duration 演算子を使用した振動の制御

過渡信号をもつチャートのデバウンス ロジックを簡略化する。

temporalCount 演算子を使用したイベントのカウント

明示的および暗黙的イベントの発生回数をカウントする。

注目の例