Main Content

このページの翻訳は最新ではありません。ここをクリックして、英語の最新版を参照してください。

temporalCount 演算子を使用したイベントのカウント

この例では、temporalCount演算子を使用して、明示的イベントと暗黙的イベントの発生回数をカウントする方法を説明します。詳細については、時相論理を使用したチャート実行の制御を参照してください。

入力データのベクトルへの収集と保存

このモデルの Stateflow チャートでは、シミュレーション時に入力データを収集し、ベクトルに格納します。

チャートには 2 つのステートと 1 つの MATLAB® 関数が含まれています。

モデルのシミュレーション

チャートの実行は、3 つの段階で構成されます。

段階 1: 入力データの観察

チャートが起動して、入力データ u が正になるまで、Observe ステートを維持します。次に、ステート Collect_Data への遷移が発生します。

段階 2: 入力データの保存

ステート Collect_Data がアクティブになると、入力データ u の値はベクトル y の最初の要素に代入されます。このステートがアクティブな間は、u の各後続値は、temporalCount 演算子を使用して、y の連続した要素に代入されます。

段階 3: ベクトルに保存されたデータの表示

チャートが 10 回起動するとデータ収集プロセスは終了します。チャートは関数 status を呼び出して、診断ビューアーにベクトル データを表示します。その後、チャートは遷移を Observe に戻します。

参考

関連するトピック