ドキュメンテーション

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

temporalCount

temporalCount 演算子でチャートの実行を制御する

説明

関連付けられたステートがアクティブになってから、ベース イベント E が発生するたびに、temporalCount(E) は 1 ずつインクリメントし、正の整数値を返します。その他の場合は、演算子は値 0 を返します。

入力イベントが設定されていないチャートでは、temporalCount(tick) または temporalCount(wakeup) は、関連付けられたステートがアクティブになってからのチャートの起動回数を返します。

関連付けられたステートが再びアクティブになるたびに、temporalCount 演算子は E のカウンターを 0 にリセットします。

temporalCount(time_unit) は、関連付けられたステートがアクティブになってから経過したシミュレーション時間の単位数をカウントして返します。time_unit は、秒 (sec)、ミリ秒 (msec) またはマイクロ秒 (usec) として指定します。

関連付けられたステートが再びアクティブになるたびに、temporalCount 演算子は secmsec および usec のカウンターを 0 にリセットします。

すべて展開する

このアクションは、ステートがアクティブになってから経過した tick 数をカウントし、そのカウント (整数) を返します。次に、temporalCount 演算子の返した値がインデックスに該当する mm 配列の値を変数 y に代入します。

du: y = mm[temporalCount(tick)];

このアクションは、ステートがアクティブになってから非アクティブになる間に経過したシミュレーション時間の秒数をカウントして返します。

ex: y = temporalCount(sec);

ヒント

  • 引用符を使用してキーワード 'tick''wakeup''sec''msec' および 'usec' を囲むことができます。たとえば、temporalCount('tick')temporalCount(tick) と同じです。

R2008a で導入